株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。本件の詳細はこちらをご覧ください。20200330_01.pdf(506.9KB)学生にとって「入社後に成長できるか」の重要性が高まっている3月卒業時点の大学生(大学院生除く)の進路確定率は96.7%(+1.2ポイント)※1過去最高数値※2、就職内定率は95.4%(-0.5ポイント)で、19年卒学生と同水準となりました。20年卒学生は例年通り就職活動を終え進路を確定させたと言えます。20年卒学生の就職先を確定する際に決め手になった項目を見ると「自らの成長が期待できる」(56.1%) が最も高い結果となりました。19年卒学生に聴取した結果と比べ、9ポイント高くなっています。この結果から、学生が就職確定先に対して抱いている「成長期待」がより高くなっている様子がうかがえます。企業は学生に対して、入社後のキャリアパスや身につく力など、どのような成長ができるのかを、具体的に提示していくことが重要となります。※1 ( )内数値は前年同月差※2 2013年卒~2020年卒学生を対象とした就職プロセス調査より 本件の詳細はこちらをご覧ください。20200330_01.pdf(506.9KB)