株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が編集を行う国内旅行情報誌『じゃらん』は、2015年1月24日をもって創刊25周年を迎えたことをお知らせします。読者の皆さまに感謝の気持ちを込めて、2015年3月号(2015年1月31日発売)の『関東・東北じゃらん』では25周年にちなんだ特別企画をたくさんご用意しております。また宿泊予約サイト『じゃらんnet』は、お得なクーポンや限定プランなど、25周年記念コンテンツを掲載した特設サイトを2月2日よりオープンします。▼『じゃらんnet』特設サイトhttp://www.jalan.net/theme/25th_bazaar/※2月2日よりご覧いただけます。概要『じゃらん』は現在、北海道、関東・東北、東海、関西・中国・四国、九州とエリアに分けて毎月発行しています。1990年の創刊から2014年12月までに発売された『じゃらん』は全659冊(関東版/東北版/関東・東北版の合計)にのぼります。「人と地域の出会いを創る」という想いで、各エリアに沿った旬でお得なおでかけ情報、宿情報をこれまで提供してまいりました。また『じゃらん』は各地の宿や施設、飲食店などと協力し、新しい旅のスタイルを数々提案してきました。例えば旅館のオフシーズン対策として始めた「鍵付き露天」は、カップルのお客様を中心に好評で今では人気のスタイルとして多くの宿に取り入れられています。さらに「泊まってよかった宿」は、「じゃらんnet」のクチコミを活用した企画となっており、消費者視点を活用し、質の高い宿情報として現在もなお、人気の高い企画記事となっています。 『関東・東北じゃらん』2015年3月号では、創刊からの『じゃらん』の歴史を掲載。また250円温泉、じゃらん限定プラン、にゃらんルームなど、25周年にまつわるさまざまな特集もご用意しています。さらに『じゃらんnet』の特設サイトでも限定企画を多数掲載しております。  『じゃらん』は今後も地域ならではの旬なおでかけ情報を発信していくとともに、新しい旅のスタイル・トレンドを提供していくことで、地域の魅力や旅の楽しみ方をより多くの人に届けてまいります。 (左)『じゃらん』創刊号、(右)『関東・東北じゃらん』2015年3月号 25年後の旅のスタイルを大予測、 2040年の『じゃらん』が読める! 2015年3月号『関東・東北じゃらん』では、2040年の旅のスタイルを予測しました。科学技術や遊び方の未来について、専門家の話をもとに2040年の旅を紹介しています。  ■掲載事例・深海ツアーに密着取材!?※人々を魅了している深海の世界。強力な水圧に耐えうる潜水服を開発する技術が広まれば、深海ツアーも登場するかも。また資源開発のための水中建築技術が発展すれば海中ホテルも誕生か!? ・おみやげは家に帰ってから3Dプリンタで出力※3Dプリンタが発達し、味や匂い、栄養素まで設定できるフードプリンタがあれば、旅のおみやげもプリンターのカードリッジという時代になっているかも!?※予測であり、現時点では存在しておりません。 [誌名]『関東・東北じゃらん』2015年3月号[定価] 490円(税込)[発売日] 2015年1月31日(土)[販売地域] 関東・甲信越・東北の各都県の書店、コンビニにて発売   <2015年1月30日修正内容>25周年記念コンテンツを掲載した特設サイト修正前:1月30日オープン修正後:2月2日オープン