株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、この一年で掲載された約6,000モデルの車の中から、ユーザーの購入意欲の高さに着目し、ランキングを実施しました。その結果、ユーザーの関心を最も集めたのは「マツダ RX-8」となりましたので、分析やエリア別ランキングと共に報告します。カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018は「マツダ RX-8」カーセンサーが保有する膨大なデータをもとに、中古車市場でユーザーの購入意欲が最も高かった車種が何かを探る「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」。 第4回となる今回その栄誉に輝いたのは、「マツダ RX-8」でした。2015年に1位、2016年は2位と過去のランキングでも常に上位にランクインしていましたが、2017年はトップに返り咲く結果となりました。マツダが独自に開発したロータリーエンジンを搭載し、実用性にも長けた4ドア(観音開き)クーペである点が特徴的なモデルとなっています。カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018TOP10 1位  マツダ RX-8(初代)           昨年順位: 2位2位  トヨタ アルファード(現行型)          同: 5位3位  トヨタ ヴェルファイア(現行型)         同: 4位4位  スバル レガシィツーリングワゴン(4代目)     同: 3位5位  スバル フォレスター(現行型)          同: 6位6位  トヨタ ハリアー(現行型)             同: 1位7位  トヨタ ランドクルーザープラド(現行型)      同:18位8位  三菱 アウトランダーPHEV(現行型)        同:81位9位  BMW 3シリーズ(3代目)            同:20位10位 ホンダ フリード(現行型)            同:圏外10位 スバル レガシィB4(2代目)          同: 7位今回のランキングでは、2位・3位の「トヨタ アルファード」と「トヨタ ヴェルファイア」など、登場から約3年が経過したモデルがランクを上げています。押し出し感の強いデザインが人気の2台です。サルーンと呼ばれるにふさわしい豪華で広々とした室内が特徴的で、フラッグシップらしいラグジュアリーさが特徴的なミニバンとなります。「三菱 アウトランダーPHEV」は昨年81位から8位に大きく順位を伸ばしており、プラグインハイブリッドのモデルが初めて上位10車種にランクインをしました。カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー特設サイトhttp://www.carsensor.net/pro/cs_coty/■選考方法2016年11月1日~2017年10月31日の1年間においてカーセンサーnetに掲載されたすべてのモデルのうち1. 上記の期間中でカーセンサーnetに掲載された総台数2. ユーザーから寄せられた問い合わせの総件数3. 掲載された1台当たりの問い合わせ集中率以上の要素を独自のルールでポイント化し、ポイント数が最も高かったモデルをその年のイヤーカーとする カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤーを特集した「カーセンサー 2月号」は12月20日より順次発売 イヤーカーとなったの「マツダ RX-8」はもちろん、ポイント獲得上位30台の中から新車販売でも人気の現行型を中心にピックアップして紹介します。その他、ランキング上位の個性派モデルや高級モデルを取り上げます。エリア別、年代別のランキングも必見です。 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/