株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作するゼクシィの姉妹版『ゼクシィPremier (プレミア)』は、AUTUMN 2015(2015年8月22日発売)で吉田羊さんを表紙に起用することとなりましたのでお知らせいたします。実力派女優としてドラマや映画に大活躍の吉田さん。凛として知的な印象の強い“大人”の女性から語られた結婚観と、意外な人生観についてご紹介します。理想は、70歳でもLOVE×2な夫婦! 結婚式は南の島で、世界に1つだけの “吉田スタイル“を演出吉田さんは幼い頃、25歳で結婚、27歳で第一子誕生、という人生設計を組んでいたことを明かしてくれました。今でも結婚願望は変わらないとのことで、吉田さんの考える理想の夫婦は、実のご両親だそう。「私の両親は共に70歳を超えているんですけど、こっちが恥ずかしくなるくらいお互いが大好きなんです。父は、母の帰りが少し遅くなると必ず駅まで迎えに行くほど。きっとお互いがお互いを尊重し合っているんでしょうね。結婚は一生を添い遂げるもの。そこに尊敬の念は必要だと感じます」と、未来の旦那さま像を彷彿とさせる結婚観を語ってくれました。 また、憧れの結婚式のスタイルについて聞いてみると「南の島でやりたいです。ビーチをのぞむレストランで」。ここまでは一般的なリゾート婚ですが、さすが吉田さん。ここからのアイディアにひとひねりありました!「衣装はあえて和装。現地の人に『やっぱり日本人はコレだね』なんて言ってもらいたい。着物は、白地の鶴柄デザインで、アンティークの一点ものにして、私だけの“吉田スタイル”を演出したい」と、オリジナリティあふれる素敵なプランを教えてくれました。 『私はダメ人間』、だからこそ変わらない『感謝』と『全力』 吉田さんは、自らを『ダメ人間』と厳しく分析。「(現在の環境は)有難いことですけど……基本的に私は自分に自信が持てないんです。だから『感謝』は忘れません。『よくぞ私なんぞに』みたいな(笑)。自分を底辺に置くことで見えるもの、学べることがあると思う。だから新人・ベテランなど芸歴問わず、現場でご一緒した方々からは必ず何か盗んでやろうといつも考えています」と、とても誠実で真摯な想いを語ってくれました。 今後の目標については「私は長期的なビジョンがあって頑張れるというより、“今楽しければ、未来もきっと楽しい”と思って頑張れる人。だから常に『全力』です。体当たりでぶつかって得られた糧だけが次のステップを切り開いてくれたと思う。これからも変わりません」とのこと。今後も吉田さんの快進撃は続きそうです。 出演者情報(吉田羊) 福岡県出身。演劇プロデュース東京スウィカ旗揚げメンバー。2007年卒業後、数々の映画、ドラマに出演。14年7月、ドラマ『HERO』で、クールな女性検事を演じ注目を集める。 ゼクシィPremier編集長 今西裕子が語る、吉田さんの起用理由 自然体で、力の抜けた大人ならではの色気と美しさを持ちつつ、一方で『今を全力で楽しみます』と公言された姿も印象的な羊さん。豊かな経験とフレッシュさを持ち合わせた魅力に惹かれ、今回のオファーに至りました。 媒体情報 『ゼクシィPremier(プレミア)』では、33歳からの大人なおふたりに結婚準備にリアルに役立つノウハウと結婚式のヒントとなる情報を一冊にまとめています。≪公式サイト≫http://zexy.net/mar/honshi/premier.html 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/