Menu

リクルートテクノロジーズの取り組み紹介

アカデミック領域への様々な技術知見共有による貢献

リクルートグループのIT、ネットマーケティングを担うリクルートテクノロジーズには、様々なWebサービスを開発してきた中で培ってきた「テクノロジー」に関する知見があります。こういったナレッジを、リクルートグループのビジネスの仕組みとともにアカデミック領域に対し発信しています。
幾つかの大学において「情報サービス」と、そこに関わるシステム開発やネットマーケティングの仕事の概要を紹介する特別講義を行ったり、各種学会においてはデータ分析の取り組みを共有するなど、産学連携の一環として積極的に技術知見の発信(共有)を行っています。

サービスを支えるインフラ構築を通じた環境への貢献

リクルートグループのサービスを支えるインフラ環境においては、仮想化などの先端技術の導入を進め、更なるインフラ資源の最適化や運用自動化など、画期的なアーキテクチャの実現に取り組んでいます。このような仕組みにより、大幅な機器の集約化―すなわち機器台数の削減や、省電力の最新機種へのリプレースを進めることで、使用電力の削減、さらにはCO2排出量の削減という効果が期待できます。最新テクノロジーを導入していくことは、地球環境面への貢献にも繋がります。環境に優しいITを、リクルートテクノロジーズは追求していきます。