Menu

これからの女性は「フロントランナー」 就活生が「輝いて生きる」ために必要なこと

2017.03.29

2018年に卒業する大学生の就活が、3月1日からスタート。1日、2日と千葉・幕張メッセで開催された 「就活開幕★LIVE」には、約630社が参加し、1日に3万人を超える学生が集まりました。

特に女性の関心が高かったのは、3月2日限定で開催された「女子学生のための企業発見★LIVE」 というコーナー。ワークライフバランスに特に力を入れる16社の企業が集まり、 ブースでの説明や講演に、多くの学生が耳を傾けます。

その導入として、2日朝に行われたセミナーが「これからの日本で、女性が働くということ」。 リクルートワークス研究所の石原直子氏が、「時代のフロントランナーになってほしい」 と就活生に向けてエールを送りました。

母親世代のライフスタイルから「大きな変化」

「みなさんは、何年後に結婚すると思いますか?」

「それでは、何年後にお母さんになると思いますか?」

石原氏は、女性には、結婚、出産、子育て、夫の転勤など、 「男性よりも女性は、多くのライフイベントが舞い込むことを想像してほしい」と話します。 しかもそれは、意図しないタイミングであることも。

かつては夫の終身雇用が約束され、女性の専業主婦比率が高かった時代もありました。 しかし、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、1990年生まれの女性の生涯未婚率は23.5%、 生涯子どもなしは38.1%となっており、母親世代の環境・ライフスタイルとはかなり変化しています。

「だから、自分自身がすごく好きなこと、役に立てること、 情熱を燃やせることをぜひ考えて見つけてほしい。そのうえで大事なことのひとつが『仕事』なんですよね」

女性は、前出のような多くのライフイベントの中で、そのたびに「仕事を辞めるか、続けるか」という選択を迫られがちです。 そのときに「社会の役に立てる、自分が愛せる仕事に出会っているのがすごく大事」だと話します。

「喜んで手伝うよ」と言われる人に

そうした仕事に出会うためには「20代のうちにスタートダッシュする気持ちを、 男性よりも強く持っておくこと」が大切。ライフイベントによる制約を受けづらい20代のうちに、 好きになれる仕事を見つけたり、仕事で必要な能力を身につける努力をしたりすることが、 苦しいときにも仕事を続けようという気持ちを後押ししてくれます。

さらに、「期待されているうちに覚悟を決める」ことで、進んで「リーダー」 を経験することが将来につながると、石原氏はアドバイスします。

「リーダーシップとは、人の力を借りて、自分の目標を達成する力。 もちろん働くうえでも役に立つんですが、それ以外のことにもすごく大事です。 たとえば育児しながら仕事を続ける、という目標を持ったときに、 いろいろな人の力を借りることが必要ですよね」

「そのときに『Willingly Help You』(喜んで手伝うよ)、 と周囲の人に言ってもらえる人になってほしいそのときに必要なのは、 リーダーシップの力。だから、新入社員のイベントでも、もちろん仕事でも何でもいいので、 リーダー経験は買ってでもするといいですよ」

「私たちの世代はきっとできる」と信じて試行錯誤を

そうして周囲から「信頼」を勝ち取っておけば、30代で出産、子育て、転勤などがあっても、 自分のキャリアや、やりたいことを諦めずにすむ確率が高くなると言います。 「18時までに保育園に迎えに行かないと!」といった制約が生まれる女性のほうが、 もしかしたら男性よりも、生産性向上へのモチベーションが高いかもしれません。

高齢化・人口減少の社会で政府も企業も、ようやく「女性が生き生きと仕事を続けてくれる」 ためいは何をすればいいのか、真剣に考え始めています。 今の時代は、女性が働くことに追い風が吹いているのです。でも、だからこそ、 「ロールモデルがいない」のは当たり前と、石原氏は説明します。

「これから社会に出るみなさんの時代には、これまでよりももっと、 女性が働き続けることが当たり前にできるように、仕組みが整っていきます。 少し前の女性の先輩の世代は、こんなにも充実した支援を受けてはいません。 多くの人が途中で仕事を辞めて家庭に入ることを選び、今も企業に残って働いている先輩の多くは、 多かれ少なかれ、厳しい条件のもとで戦ってきた人なのです」

「だから、先輩の女性を見て『あんなにすごい人にはなれない』 『あんな風に働かなくては両立できないのなら働き続けたくはない』と、 自分のロールモデルにはならないなあ、とみなさんが感じたとしてもそれはある意味当たり前なのです。 環境が違うのですから。 だから『ロールモデルを探すのはほどほどに』と言っておきたいと思います。 ロールモデルはいなくても仕方ない。私たちがフロントランナーだと思って、 私たちの世代はきっとできると信じて、頑張ってほしいと思います」

熱のこもった講演に、集まった多くの女子学生たちも真剣な表情で聞いていました。 これから多くの企業に触れる学生たちに向けて、石原氏は最後に、「喜んで働ける人になってほしい。 そのために、楽しんで良い会社を見つけてくださいね」と就活生にエールを送っていました。


◆参考情報

リクナビ2018/就活開幕★LIVE 東京(3/1、2開催)

リクルートワークス研究所


iction!プロジェクトとは?

iction!は「はたらく育児」を応援するプロジェクトです。企業や自治体と一緒に「しごとも子育てもしやすい世界」をつくるお手伝いをしています。