Menu

iction!セミナー 「女性活躍推進の本質とは〜女性活躍推進の陥りがちなワナとリクルートの4年間の取り組みでわかったこと〜」(9/1開催)のご案内

2016.08.02

2016年4月の女性活躍推進法施行を受け、多くの企業が自社の女性活躍推進を積極的に取り組み始めています。 一方、女性活躍といってもどこから手をつけたらいいのか、また現場の管理職含め社内理解をどのように 得るべきか、といった具体的な推進方法に関するご相談も多くいただいております。

女性活躍を阻む本質の要因とは何か。女性だけでなく男性も活躍する組織づくりとは何か。 どのような打ち手が考えられるのか。その期待成果は・・・。

これから女性活躍推進を進めようとされている企業様、必見のセミナーです。

iction!セミナー 「女性活躍推進の本質とは〜女性活躍推進の陥りがちなワナとリクルートの4年間の取り組みでわかったこと〜」概要

対象企業:積極的に女性活躍を推進されようとしている企業の人事/ダイバーシティ推進担当者様

開催日時:2016年9月1日(木) 16:00~18:00(受付開始15:45)

会場:東京コンベンションホール 大ホール

〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F

(地下鉄銀座線 京橋駅3番出口 直結、JR東京駅八重洲南口 徒歩5分、都営浅草線 宝町駅A4出口 徒歩2分、地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅7番出口 徒歩2分)

※想定を上回るお申込みを頂いておりますため、会場を変更させて頂きました。(2016.08.09)

申込み方法:ページ下部の「このセミナーに申し込む」ボタンよりお申し込みください。(お申し込み締切日:8/25)

※期日を過ぎましたのでセミナーのお申込みは締め切らせていただきました。             たくさんのご応募、ありがとうございました。

定員:150名

※定員を超える参加お申込みをいただいた場合には、抽選とさせていただく予定です。

当日の持ち物:受付にてお名刺を頂戴いたします。

第一部:女性活躍推進において企業が陥りがちなワナとは?

リクルートワークス研究所 所長 株式会社リクルートホールディングス 専門役員 大久保 幸夫

本質的な女性活躍推進が進んでいる企業とそうでない企業の違いは何か?女性活躍推進を進める上で企業が 陥りがちなワナとは何か?

これまで国内外の女性活躍推進の取り組みをを見てきたワークス研究所所長の大久保より、 ご紹介させていただきます。

◆大久保 幸夫プロフィール

1983年(株)リクルート入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て、 1999年にリクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。 2010年~2012年内閣府参与を兼任。2011年専門役員就任。 現在、経済産業省ダイバーシティ経営企業100選委員、東京都男女平等参画審議会委員、 経団連女性チャレンジ支援講座講師などを務める。著書に『女性が活躍する会社』(日経文庫)など。

第二部:リクルートの4年間の取り組みでわかったこと

株式会社リクルートホールディングス ソーシャルエンタープライズ推進室 室長 伊藤 綾

2006年からダイバーシティを推進してきたリクルートグループ。両立支援、女性活躍、働き方変革とテーマが進化しつつあります。 各種施策を通じて、我々が得てきたものは何だったのか。また新たな 課題とは何か。

各施策の狙いや内容とあわせ、従業員アンケートを通じた意識の変遷など、その定量的な 成果をご紹介いたします。

◆伊藤 綾プロフィール

出版社勤務、専業主婦を経て、2000年(株)リクルート入社。 ゼクシィ事業部に配属。2006年に首都圏版編集長。出産を経て、2010年首都圏版編集長、2011年統括編集長。 "17時に帰る編集長"を目指し双子の育児との両立にトライする。

2015年リクルートホールディングス ダイバーシティ推進部部長、2016年より現職。 リクルートグループのダイバーシティ及びCSRセクションを担当。


※定員を超える参加お申込みをいただいた場合には、抽選とさせていただきます。




iction!プロジェクトとは?

iction!は「はたらく育児」を応援するプロジェクトです。企業や自治体と一緒に「しごとも子育てもしやすい世界」をつくるお手伝いをしています。