Menu

iction!セミナー 今後の両立支援のあり方を考える 〜育児介護休業法改正を受け、企業はどう対応していくべきか〜(11/4開催)のお知らせ

2016.10.11

ご好評をいただいた女性活躍推進セミナーに続き、両立支援をテーマにセミナーを開催いたします。 女性活躍推進法の施行や、来年1月の育児介護休業法改正を受け、両立支援の取り組みの重要度が高まる中、 具体的な推進方法にお悩みの企業様も多いかと思います。本セミナーでは、改正育児介護休業法の概要や 企業が対応すべきことについて、事例を交えながら詳しく説明をさせていただきます。 両立支援を進めようとされている企業様、必見のセミナーです。

iction!セミナー 今後の両立支援のあり方を考える 〜育児介護休業法改正を受け、企業はどう対応していくべきか〜概要

対象企業:両立支援を進めようとしている企業の人事/ダイバーシティ推進担当者様

開催日時:2016年11月4日(金) 16:00~18:00(受付開始15:45)

会場:リクルートGINZA8ビル 11Fホール

〒104-0061 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル

(JR新橋駅銀座口より徒歩3分、東京メトロ銀座線新橋駅5番出口より徒歩3分)

申込み方法:ページ下部の「このセミナーに申し込む」ボタンよりお申し込みください。

(お申し込み締切日:11/2正午まで)

定員:150名

※定員を超える参加お申込みをいただいた場合には、抽選とさせていただく予定です。

当日の持ち物:受付にてお名刺を頂戴いたします。

第一部:育児介護休業法の改正で企業に求められること

特定社会保険労務士 菊地加奈子事務所 代表 菊地 加奈子氏

社労士として多くの企業の両立支援をサポートしてこられた菊地加奈子様に、育児介護休業法改正の概要や、企業がどのように対応を進めていくべきか、 具体的事例をもとに解説していただきます。

◆菊地 加奈子氏プロフィール

株式会社ワーク・イノベーション代表、厚生労働省中央育休復帰プランナー、神奈川県地方創生推進会議委員。 早稲田大学商学部卒業後、総合商社の子会社から大手銀行の教育研修機関を経て、妊娠・出産を機に退職。 専業主婦として3人のお子さんのママとして子育てを行いつつ、社労士の資格を取得。

社会保険労務士事務所の代表を経て、2012年に株式会社フェアリーランドを設立。 2013年に保育園「育みの家 フェアリーランド」を開園。 女性活躍推進・イクボス育成・ワークライフバランスコンサルティングといったテーマを中心に企業と女性の双方をサポートする活動を精力的に展開。現在5児の母。

第二部:両立支援施策の次のステージへ

両立支援は女性だけでなく、パートナーや上司の理解や協力が必須となります。 男性の育休取得を必須化したリクルートコミュニケーションズ、そして組織長が「育児しながら働く人」の生活体験をする『育ボスブートキャンプ』 を導入したリクルートマーケティングパートナーズ、その協働パートナーであるスリール社が、 周囲の理解を深めることでどんな効果があったのか、導入の背景も含めてお話させていただきます。


㈱リクルートコミュニケーションズ 代表取締役社長   清水 淳

◆話者プロフィール

㈱リクルートコミュニケーションズ

代表取締役社長                 清水 淳

1989年4月リクルート入社。 HR(人材)事業、組織再編、企画統括、事業開発、ECビジネス推進等を経て、 2013年4月リクルートコミュニケーションズ代表取締役社長就任(現職)。 2014年度にダイバーシティ推進プロジェクトを発足し、「多様な人材の活躍支援」と「多様な働き方の実現」の2軸で推進。 その一環として、2016年4月に男性の育児休暇を必須化する新制度を策定。

第2子誕生の際に1か月の休暇取得を経験し、育児・家事の喜びや負担を実感。現在、大学生と中学生の2人の娘の父。


リクルートコミュニケーションズの男性の育児休暇取得必須化について



㈱リクルートマーケティングパートナーズ

企画統括室 経営管理部 人事企画G       山田 和秀



リクルートマーケティングパートナーズ『育ボスブートキャンプ』について





スリール株式会社

プログラムコーディネーター 企業担当      伊藤 諒子氏



※定員を超える参加お申込みをいただいた場合には、抽選とさせていただきます。


報道機関の方のお問い合わせ・見学・取材のお申込みはこちらへ

リクルートホールディングス広報部・社外広報グループ press@r.recruit.co.jp


iction!プロジェクトとは?

iction!は「はたらく育児」を応援するプロジェクトです。企業や自治体と一緒に「しごとも子育てもしやすい世界」をつくるお手伝いをしています。