Menu

女性の活躍

テレコミュニケーター歴10年。「1日でも長くこの仕事を続けたい!」と思う理由

キャリア

2020年07月16日 転載元:らしさオンライン

テレコミュニケーター歴10年。「1日でも長くこの仕事を続けたい!」と思う理由

約10年前、営業職を経て、「テレコミュニケーター」という仕事に出合った深山美佳さん(57)。現在派遣スタッフとして週3日、商品申込受付のオペレーターを務める。「見えないお客様相手なので無意識のうちに緊張しているのかもしれません。家に帰ると『ああ、疲れたー』と思わず声に出ちゃうんです」と苦笑い。その一方で、「1日でも長くこの仕事を続けていきたい。この仕事が大好きなんです」と瞳を輝かせる。深山さんに、心の内を聞いた。

自己最高記録は、1日218本の受電

24時間放送するテレビショッピングのオペレーターとして、1日約160~180本の受注電話に対応しているという深山さん。

通話時間の目標値は1本あたり118秒。2分弱の間に、相手の住所や電話番号、注文内容、支払方法などを聞き取り、パソコンにデータを入力しなければならない計算だ。洋服の注文ともなると、サイズや色など迷いながら電話してくる人もいて、スムーズに会話が進まないことも。目標タイムをオーバーしたからといってペナルティはないが、長引くとSV(スーパーバイザー)のチェックが入ることもあるという。

「私はもともと相手の話を聞いてしまうタイプで、どうしても電話が長くなってしまって......。厳しい女性のSVさんに、『あなたの場合、そこがいいところでもあるのだけれど、それだと目標を切るのは難しいわね』とガツンと言われたこともあります」

SVから提案されたのは、モニターに表示される通話時間を毎回記録しておくこと。指摘された直後は落ち込んだが、アドバイスに従って時間を意識するようにしたところ、目標をクリアできるようになってきた。つい先日は、自己最高記録を達成。1日で218本の電話を受けたというから驚きだ。

,