Menu

女性の活躍

56歳から社労士を目標に。還暦を過ぎた今も自分らしく

キャリア

2020年11月17日 転載元:らしさオンライン

56歳から社労士を目標に。還暦を過ぎた今も自分らしく

56歳で社労士の受験勉強を始めた田崎薫子さん(63)。例年、合格率が平均6~7%といわれる難関の資格に挑戦し続けた結果、合格したのは61歳のときだった。派遣スタッフとして勤務しながら家事と勉強を続けた日々。何年もあきらめずにモチベーションが続いた理由、そして、これからの働き方についてお話をうかがった。

新しいことに挑戦したい。パソコン初心者からIT会社の立ち上げメンバーに

田崎さんが大学を卒業した頃は、就職氷河期の真っ只中。特に大卒の女性や自宅から通勤できない地方出身者には、正社員の採用がほとんどなかったという。田崎さんも例に漏れず、卒業と同時に非常勤職員として図書館に勤務した。

25歳で結婚、子どもが幼稚園に上がる頃にはスーパーの総務部でパート社員に。30代後半になると、その職場に初めてWindowsが導入された。

「キーボードに触ること自体初めてでしたが、パソコンの扱いはもちろん、ExcelやWordなどソフトの使い方まで上司が全て教えてくれたんです。はじめは自分ができるか不安もありましたが、それ以上に新しいことにチャレンジするのがすごく楽しくて。あのタイミングでパソコンスキルを習得できたのはラッキーだったと思います」と笑顔で語る。

,