プライバシーセンター

リクルートは
あなたのプライバシーを
尊重します。

本ページでは、リクルートがユーザーの個人情報を含むパーソナルデータを取得・活用するにあたって、プライバシー保護の考え方や取り組みを、イラストや具体例を交えながら紹介しています。

※プライバシーセンターは、株式会社リクルートとその子会社のうち、日本国内で展開するユーザーの情報を取得するサービスを対象としています。対象となるサービスの一覧はこちらをご参照ください。

更新情報

2021年11月10日
「最新版•旧版のプライバシーポリシー一覧」ページを更新しました
2021年11月09日
プライバシーポリシーを改定しました

はじめに

リクルートは、じゃらん、ホットペッパービューティ、ホットペッパーグルメ、リクナビ、タウンワーク、リクルートエージェント、SUUMO、ゼクシィ、カーセンサー、スタディサプリ等、個人の日常生活や人生の節目に密接に関わるサービスを数多く運営しています。
私たちは、これらのサービスを通して、ユーザー(個人)とクライアント(企業・学校・団体等)が出会う場(「マッチング」の機会)の提供を行うことで、企業理念である「一人ひとりが輝く豊かな世界の実現」を目指しています。

ユーザーとクライアントの最適なマッチング機会を増やすためにパーソナルデータを取得・活用

リクルートは、ユーザーとクライアントの「マッチング」のスピードや相互の利便性を高めるため、ユーザーの個人に関連する情報であるパーソナルデータを取得・活用しています。
また、ユーザーの皆さまの個人に関するデータが、どのように使われているのか?という不安や懸念に対して、わかりやすく説明することや、データの活用可否を選択できる機会を提供することはリクルートの責務であると考えています。
ユーザーの皆さまのプライバシーを配慮するにあたって、社内統治(ガバナンス)を強化することに加え、リクルートの主観的な判断や意思決定に偏らないよう、社外の第三者(専門家・有識者や一般消費者など)からの客観的な視点を交えた議論を継続的に進めています。
さらに、パーソナルデータをとりまく技術の進展や、法整備の動向、人々の生活スタイルや意識の変化を踏まえ、ユーザーの皆さま、行政、法曹、学術機関等の多様な立場の方々との対話を重ねることで、このプライバシーセンターの内容の見直しや拡充を図ってまいります。

プライバシーセンターで
わかること・できること

リクルートへパーソナルデータを
ご提供いただくにあたって、
不安や疑問に思われることは
ありますか?

よくあるご質問では、ユーザーの皆さまから多くいただいた疑問や不安に回答しています。
▶ よくあるご質問・お問い合わせ

参考情報:
プライバシーセンターの対象となる企業•サービスはこちらからご確認ください。
リクナビにおけるデータ利用に関しては、こちらのページで詳しく説明しております。
▶ リクナビ2023におけるデータを使ったサービス紹介
▶ リクナビ2022におけるデータ利用に関して
免責事項:
・プライバシーセンターに掲載している情報は更新日時点の情報です。最新の状況については逐一反映を行っていきますが、記載内容と齟齬がある場合、現状を優先します。