アスリート応援 PROJECTアスリート応援 PROJECT障がい者アスリート
支援実施のご報告2020

2020年1月に実施した「アスリート応援プロジェトクト」には、11社の企業様にご参加いただき、11口の協賛金を一般社団法人スポーツ能力発見協会(DOSAパラエール、以下DOSA)宛に頂戴致しました。当社からも、協賛金をお渡し致しました。

DOSAを通じて、所属するアスリートの支援に使わせて頂きましたことをご報告させていただきます。

リクルートでは、“どんな時でも一人ひとりの可能性を信じ、期待し続ける”という考え方を大切に、一人ひとりが本当に大切なことに夢中になれるとき、よりよい未来を生み出すという信念のもと本プロジェクトを実施しております。

協賛金の合計

プロジェクト参加企業様 11社
11口×100,000円=1,100,000円
1,210,000円(税込)

リクルート協賛金(マッチングギフト)
=550,000円
605,000円(税込)

計 1,815,000円(税込)

DOSAパラエール理事長 大島伸矢さんより

「新型コロナウイルス問題で東京2020年パラリンピックが延期となり、2021年も開催が確定していない状況の中で、選手は代表選手になるためにできることを必死で取り組んでおります。選手の努力が多くの人によい影響をもたらせてくれると信じております。変わらず応援して頂いた多くの企業ならびに個人の方々には心より御礼申し上げます。」

支援の内容

●パラローイング選手 成嶋徹さん

トレーニング場所賃料 135,000円(税込・20年3月~11月)

自宅(寮)から通える範囲に専用の練習機材がないため、寮の近くに部屋を格安で借り、トレーニング部屋を作っています。毎日出勤前と帰宅後に自主練習をしています。

トレーニング部屋で日々練習に励んでいます

スピーチトレーニングサポート費 100,000円(税込・20年6月~9月)

講演依頼や取材が増えてきたため、講演や取材対応を専門家から指導して頂きました。

<成果と今後の目標>

パラローイング日本代表選考会にて3位となるが、代表枠2つにわずかに届かず。しかし、不可能と思われた育成枠を手に入れ、東京2020パラリンピックの再選考の可能性を信じると同時に、2024年パラリンピックを目指し、日々トレーニングに励んでおります。

●車いすフェンシング 千坂香菜さん

トレーナー・栄養サポート費 321,370円(税込・20年3月~11月)

WPP(ワールドプレイヤープロジェクト)に所属するトレーナーには大会出場に向けたトレーニングの目標設定・トレーニングメニューの策定・トレーニング指導、栄養士には選手の要望や体質に適応した栄養指導などをお願いしています。

自宅でもトレーニングに励みます

<成果と今後の目標>

2020年は、2月に開催されたワールドカップアムステルダム大会を最後に、すべての試合が中止・延期となってしまった。緊急事態宣言中は、練習も中止され先行きが不透明の状況であった。7月からは練習も再開されたが、今後の大会も日程が決まらず、目標が定まらないまま、精神的につらい時期であった。しかし、このようなことはなかなか体験できないことであり、今後のスポーツに対する姿勢に反映できると考えている。自分のできるパフォ―マンスを最大限に生かせるよう、練習に励んでいきたい。今後も応援よろしくお願いします。

●パラ馬術 稲葉将さん 

支援金 720,000円(税込・20年4月~11月)

馬のエサ代やケア代、試合に出る際のエントリー費、馬を運ぶ費用に使用しています。

栄養サポート費 154,110円(税込・20年6月~11月)

WPP(ワールドプレイヤープロジェクト)に所属する栄養士に、選手の要望や体質に適応した栄養指導などをお願いしています。

<成果と今後の目標>

大会での様子

大会結果

・7/23-26 第54回 SHIZUOKA ホースショー
 25日 Individual Test 66.912%
 26日 Team Test 68.456%(自己ベスト)


・8/14-16 御殿場馬場2020partⅡ
 15日 Team Test 67.574%
 16日 Individual Test 68.898%(自己ベスト)


・8/27-8/30 第14回SHIZUOKA スポーツホースショー
 29日 Individual Test 66.250%
 30日 Team Test 66.030%


・11/27-11/29 第4回全日本パラ馬術大会
 27日 Team Test 67.059%
 28日 Individual Test 65.834%
 29日 Free style Test 67.956%

今後の目標

パラリンピックで日本パラ馬術初のメダル獲得が目標

●パラローイング選手 黒川真菜さん

トレーニングサポート費 25,685円(税込・20年3月)

WPP(ワールドプレイヤープロジェクト)に所属するトレーナーにパラリンピック出場に向けたトレーニングの目標設定・トレーニングメニューの策定、トレーニング指導、目標達成確認などをお願いしています。

ジム施設利用料 22,674円(税込・20年3月)

トレーニングのためジムを利用しておりました。

<成果と今後の目標>

パラローイング日本代表選考会にて基本タイムを更新できず落選し、2020年3月時点で競技を断念。次の目標を模索中です。

アスリート管理費・問い合わせ対応費 336,161円(税込・20年3月~11月)

オリジナルTシャツの作成のほか、定期的に地方に住む選手を訪れ、目標管理を行っています。

支援企業様のロゴ入りTシャツを、大会・練習にて着用しております

ご支援いただいた企業様のロゴ入りTシャツ

ご支援頂きました皆様に、改めてお礼申し上げます。

企画・支援について
問い合わせる
企画・支援について問い合わせる