Menu

カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス『Airペイ』 今秋より「Visa」「Mastercard®」「JCB」「American Express」におけるクレジットカードのタッチ決済(NFC)に対応予定

2020年06月18日
株式会社リクルート
その他
AirPAY

 株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)が運営する、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス『Airペイ』は、今秋より「Visa」「Mastercard®」「JCB」「American Express」におけるクレジットカードのタッチ決済(NFC)に対応予定であることをお知らせいたします。

取り組みの背景

 『Airペイ』は、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービスです。iPadまたはiPhoneと専用カードリーダー1台があれば、全29種の決済手段に対応できます。2015年10月にサービス提供を開始し、2020年3月末時点で加盟店舗数は前年同月比167%増となり、美容、飲食、小売、サービスなどの幅広い業種に加え、地方自治体と包括連携協定を結ぶなど、全国各地で導入が進んでいます。

 現在、新型コロナウイルス感染症の拡大により、さまざまな業種のお店の方々が大きな影響を受けています。各業種ごとに「新しい生活様式」に沿った感染拡大防止ガイドラインが作成されるなど、お店では感染リスクを前提とした自主的な取り組みが強く求められています。そのような中『Airペイ』の問い合わせ窓口には、「現金のみならずクレジットカードの受け渡しを気にされるお客様がいらっしゃり、非接触の決済手段を検討したい」「従業員や家族への感染リスクを下げるためにキャッシュレスに対応したい」など、お店のみなさまから多くの声をいただいています。『Airペイ』では、従来の非接触決済(電子マネーやQR)に加え、今秋、「Visa」「Mastercard®」 「JCB」「American Express」におけるクレジットカードのタッチ決済(NFC)に対応する予定です。かざすだけで決済が完了するタッチ決済(NFC)にも対応することで、日々感染防止に取り組まれているお店のみなさまが、時間・手間・コストを極力かけずに接触機会を低減できるようサポートしたいと考えております。

 これまでも、これからも、『Airペイ』ひとつでカンタンにあらゆる決済手段が利用できるようにし、お店・消費者双方のキャッシュレス決済にまつわる不便を解消していくことで利便性・生産性向上を実現し、より一層お店を支援してまいります。

『Airペイ』のタッチ決済(NFC)画面イメージ

『Airペイ』のタッチ決済(NFC)画面イメージ

タッチ決済(NFC)について

 タッチ決済(NFC)とは、専用カードリーダーにクレジットカードやクレジットカード登録済みのスマートフォンなどをかざすだけでお支払いが完了する非接触の決済方法です。サインや暗証番号を入力する必要がない*1ため、カンタンかつ迅速に決済が完了します。

*1:一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります

『Airペイ』について

Airペイ

 『Airペイ』は、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービスです。iPadまたはiPhoneと専用カードリーダー1台があれば、全29種の決済手段に対応できます。 2015年10月にサービス提供を開始し、2020年3月末時点で加盟店舗数は14.9万を超え、利用者の総合満足度No.1*2のお店の決済サービスです。加盟店舗数は拡大を続けており、美容、飲食、小売、サービスなどの幅広い業種に加え、地方自治体と包括連携協定を結ぶなど、全国各地で導入が進んでいます。

 『Airペイ』さえあれば、主要国際ブランドのクレジットカードや交通系電子マネーはもちろん、「iD」「QUICPay」「Apple Pay」などの電子マネーや「PayPay」「d払い」及び訪日外国人向けの「支付宝(アリペイ)」などのQR決済、そして「Tポイント」「Ponta」「dポイント」などの共通ポイントまで、お客様の望む決済手段に対応できます。手数料は業界最安水準。
入金回数は3〜6回、月額固定費・振込手数料は0円です。導入したお店からは、「操作がカンタンで入ったばかりのアルバイトでも使えた」「カードの決済額が1年で10倍近く増えた」「事務作業時間が2時間ほど短縮できた」「カードリーダーひとつで対応できるのでレジ周りもスッキリした」などの声をいただいております。さらに、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』と一緒に使うと、会計時の対応は決済手段をタップするだけで選択でき会計作業がより便利になります。決済手段ごとに異なる操作方法を覚える必要もなく、二度打ちによるミスも発生しません。

 私たちは、お店を営むオーナーのみなさまが思い描く「自分らしいお店づくり」をこれからも支援し続けます。

* 2:調査主体:㈱リクルートライフスタイル、調査機関:㈱インテージ(2020年2月19日時点)
  調査対象商品:国内店舗で利用可能なキャッシュレス決済端末(マルチ決済)

対応ブランド

 現在『Airペイ』では、専用カードリーダーが0円になる「0円スタートキャンペーン*3」を実施中です。iPadもしくはiPhoneがあれば、導入費用なしでキャッシュレス決済に対応できます。

*3:本キャンペーンは予告なしに変更または終了、終了後に再開することがありますのであらかじめご了承ください。