株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:松浦 太郎)は、大学生および大学院生の就職活動において、働きたい組織の特徴を明らかにするため、就職活動を行っている2019年3月卒業予定の大学4年生・大学院2年生を対象に、調査を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。本件の詳細はこちらをご覧ください。20180815.pdf (601.1 KB)働きたい組織の特徴大学生・大学院生共に仕事と私生活のバランスを最も重視(※リリース資料 P.3、 P.4、 P.9) 金融業志望者はステータス感のある組織を支持(P.15) 100人未満規模の企業志望者は主役感のある仕事のできる組織を支持(P.16) Uターン志向者はこれまでの自身の経験を活かして成長できる組織を支持(P.18) 調査概要 調査目的:就職活動中の大学生および大学院生の「働きたい組織(企業、団体、官庁など)の特徴」を把握する 調査対象:リクナビ2019(*)会員より、2019年3月卒業予定の大学生および大学院生(*)リクナビ2019:株式会社リクルートキャリアが運営している、就職活動を支援するサイトhttps://job.rikunabi.com/2019/ 調査期間:2018年5月18 日~ 6月14日調査方法:インターネット調査調査内容:「働きたい組織」の特徴回収数 :大学生 4,943人 大学院生 1,431人  計 6,374人集計対象:大学生  4,943人 (男性・文系:1,694人 男性・理系:1,123人 女性・文系:1,585人 女性・理系:541人)大学院生 1,431人(男性・理系:1,017人 女性・理系:291人 文系:123人)●文系:法学、商学、経営学・経済学、人文学、社会学、その他文系●理系:機械、電気・電子、情報、建築・土木学、応用化学、生物・農水産学、医学・歯学、薬学、その他理系 本件の詳細はこちらをご覧ください。20180815.pdf (601.1 KB)