株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳川昌紀)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:岡崎仁美)は、リクルート就職活動モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。▼本件の詳細はこちらをご覧ください。20150724.pdf (700.2 KB) Ⅰ)「就職活動・内定状況」について7月1日時点での大学生の就職内定率(※)は49.6%前年同月の71.3%に比べて21.7ポイント低い ●7月1日時点での就職志望者のうち、就職活動実施率は81.5%と、前年同月の41.0%と比べて、40.5ポイント高かった。●7月1日時点での就職志望者のうち、就職内定率は49.6%と、前年同月の71.3%と比べて21.7ポイント低かった。 ■就職志望者における就職内定率の推移大学生_全体(就職志望者/単一回答) ※3ページの「各率の算出方法」および「用語の定義」を参照 Ⅱ)「就職活動に対する心情」について 6月の「就職活動」に対する気持ちの“高まり度”は「5.43」。-前月より0.57ポイントの減少- ●7月1日時点での就職志望者に対して、「就職活動」に対する気持ちの高まり度を「0」から「10」の11段階で聞いたところ、「5」が15.0%で最も多い。平均値は「5.43」で前月より0.57ポイント減少。 「就職活動」に対する心情の天気模様は、6月の現状は「薄日」、一方、7月の見通しは「晴れ」が多い ●7月1日時点での就職志望者の「就職活動」に対する心情を天気であらわすと、6月は「薄日」が25.6%と最も多く、次いで「晴れ」が23.7%となっている。●7月の「就職活動」に対する心情の見通しは、「晴れ」が27.0%と最も多く、次いで「薄日」が21.9%となった。 ▼本件の詳細はこちらをご覧ください。20150724.pdf (700.2 KB)