株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷 智之)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究(所長:岡崎 仁美)は、リクルート就職活動モニターの大学生・大学院生を対象に調査を実施いたしました。 このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。▼本件の詳しい内容はこちらをご覧ください。20140414.pdf (856.0 KB)卒業時点での大学生全体の就職内定率(※)は91.5%前回の90.2%より1.3ポイント高く、前年同月の88.5%に比べて3.0ポイント高い● 卒業時点での就職志望者のうち、大学生全体の就職内定率(※)は91.5%で、前年同月の88.5%に比べて3.0ポイント高かった。                                           (→詳細は4・5ページ)●大学生全体における、就職内定取得者の平均内定取得社数は1.85社であった。 取得社数の内訳を見ると、1社取得者は53.3%、2社以上の複数社内定取得者は46.7%であった。                                           (→詳細は4ページ)●卒業時点での就職志望者のうち、大学生全体の就職活動実施率(※)は7.4%で、前年同月の 11.5%に比べて4.1ポイント低かった。また、内定取得者の就職活動実施率は2.9%と、前回の 3.7%よりも0.8ポイント低く、前年同月と比べて2.6ポイント低かった。                                           (→詳細は7~10ページ)■就職内定率の推移 大学生_全体(就職志望者/単一回答)                    ※3ページの「各率の算出方法」および「用語の定義」を参照▼本件の詳しい内容はこちらをご覧ください。20140414.pdf (856.0 KB)