株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:柏木斉)では、リクナビ会員の大学生・大学院生を対象に、7月22日~7月29日現在の就職活動の状況を取りまとめましたので、ご報告いたします。リクナビ会員の内定率(内々定率) 7月度調査時点でのリクナビ会員の大学生の内定率(内々定率)は、54.4%となり、前月と比べ、5.2ポイント高いが、伸び率は鈍化している。前年の6月度とほぼ同率であり、前年よりもおよそ1か月遅れで推移している。また、調査時点でのリクナビ会員の大学生の就職活動終了率( *1 )は、40.9%となり、前月と比べ、6.5ポイント高いが、伸び率は鈍化している。前年の6月度と比べても5ポイント以上低い。文理別にみると、内定率(内々定率)は文系55.5%、理系52.0%。ただし理系大学院生の内定率(内々定率)は74.2%と、大学生全体の54.4%より19.8ポイント高い。男女別では、内定率(内々定率)は男性56.2%、女性52.5%。就職活動終了率は男性45.7%、女性35.7%。エリア別(*2)では、内定率(内々定率)は関東58.7%、東海46.5%、関西52.6%、東名阪以外52.3%、被災地では、58.3%。就職活動終了率は関東45.8%、東海35.4%、関西39.5%、東名阪以外36.5%、被災地では44.2%。*1:「今後、就職活動を終了する」と回答した者の割合 *2:学生がリクナビに登録している現住所(都道府県)東名阪に含まれる都道府県   関東:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県   東海:静岡県、岐阜県、愛知県、三重県   関西:滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、和歌山県、兵庫県   被災地:青森県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、千葉県 調査概要 調査名:~ 2012年卒業予定のリクナビ会員対象~大学生・大学院生の就職活動動向レポート 主体:株式会社リクルート HRカンパニー 目的:就職活動中の大学生の就職活動状況を明らかにし、関係各位の参考に供する。 時期:2011年7月22日~7月29日 対象:リクナビ2012*会員の大学生および大学院生 404,736名*リクナビ 株式会社リクルートが開設している、就職活動を支援するサイト。 調査方法:対象者に対し、メールで調査を告知。調査用のホームページ上で回答を回収した。 集計対象数:大学生:1,023名、大学院生(理系):422名 / 計 1,445名 (回収率:0.36%) ※男女比の調整について回答者の男女比について、実際の母集団の男女比に近づけるよう、文部科学省「平成22年度学校基本調査」の数値を参照し、ウェイトバック集計を行っている。 ▼本件の詳細はこちらよりご覧ください20110808.pdf (226.6 KB)