株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、大学生・大学院生を対象に調査を実施しております。本リリースでは、「就職プロセス調査(2020年卒)2019年7月1日時点 内定状況」にて聴取した「入社意欲の高まり」について分析しレポートいたします。本件の詳細はこちらをご覧ください。20190730.pdf (894.7 KB)学生が面接担当者に求めるのは「一人ひとりに向き合ったコミュニケーション」空前の売り手市場の中、学生の内定辞退の割合は年々上昇しています。企業も内定フォローに時間をかけ工夫していますが、内定辞退に歯止めが効かず、頭を悩ませているという声を多く聞きます。(P2) では、学生の入社意欲を高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。就職先を確定した大学生(大学院生を除く)に対し、入社意欲の高まった情報や企業との接触について尋ねたところ「面接など対面での選考」が60.2%と最も高い結果となりました。企業が学生を見極める場として、語られることの多い面接ですが、学生も、企業を見極める場として活用しています。(P3)また学生に聞いた「理想の面接担当者像」からは、学生一人ひとりにしっかり向き合い、話を聞いたうえで、自分の新たな魅力を引き出したり、ときには悪いことも指摘できるといった人物像が浮かび上がりました。このことから、学生一人ひとりに向き合ったコミュニケーションをしていくことで、学生の入社意欲を高めていくことができるといえそうです。(P5) 本件の詳細はこちらをご覧ください。20190730.pdf (894.7 KB)