株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。本件の詳細はこちらをご覧ください。20190705.pdf (791.2 KB)男女別では女性、地域別では大都市圏以外の大学生の内定取得が進む7月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は85.1%(+3.3ポイント)※1 。6月1日時点に引き続き、過去最高※2の値となりました。内定率を男女別に見ると、女性の内定率が86.9%(+8.1ポイント)、地域別にみると関東・中部・近畿以外の「その他地域」の内定率が87.2%(+4.5ポイント)と全体を超えています。また、就職志望者に限らず、7月1日時点で大学生の進路確定率は71.3%(+5.2ポイント)と、進路を確定させている大学生が前年同月と比べ上昇しています。内定取得者・進路確定者が増加していますが、いまだ3割弱の学生が就職活動を続けているのも事実です。企業の採用活動をみると、リクナビ2020では6月の最終週時点でエントリー受付中の企業が1万4000社以上あります。学生の皆さんは焦らず企業説明会やキャリアセンターを活用し、納得できる進路決定をしてください。※1 ( )内数値は前年同月差※2 2012年(2013年卒対象)調査開始以来 本件の詳細はこちらをご覧ください。20190705.pdf (791.2 KB)