株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社⾧:佐藤 学)は、2013年より毎年、全国の15歳~64歳の就業者約5,000名~10,000名を対象に、「働くことを通して、喜びを感じているのか?」を把握するためのアンケート調査を実施しています。本リリースでは、調査期間2020年12月23日~2020年12月28日の9,350名について、前年との比較を交えて新型コロナウイルス禍の特徴を考察いたしましたので、結果をご報告いたします。 本件の詳細はこちらをご覧ください。20210329.pdf(298.1KB) 概要【新型コロナウイルス禍の働く喜びの状況】 「仕事をする上で、働く喜びは必要である」と思っている人は83.9%。新型コロナウイルス禍で、働く喜びを感じている人は42.3% 「飲食店・宿泊業」従事者の働く喜びが前年比で-18.4pt 新型コロナウイルス禍の「労働環境」の悪化が「働くつらさ」を生みだすが、「新型コロナウイルス禍の職場対応」によってつらさが緩和される 新型コロナウイルス禍でも働く喜びを実感している人は、自分の持ち味を発揮し、仕事の意味や意義を自分で「捉え直す」ことができている 仕事や職場だけに閉じず、視界を広げたり、複数の自分の居場所を持っていたりする人が、働く喜びを感じている割合が高い テレワーク環境下で働く喜びを実感している人は、特定のスキルを持ち、自分で働き方をコントロールできている 調査概要 実施期間2020年度:2020年12月23日~2020年12月28日2019年度:2019年12月12日~2019年12月17日 調査対象15歳~64歳の就業者 *標本設計:全国の1歳5~64歳の就業者を母集団とし、性×年代(10歳刻み)×就業形態(3区分)×居住エリア(4エリア)で母集団構成に合うように回収※母集団のデータソース:総務省統計局「労働力調査」(平成24年~平成30年) 回答数2020年度:9,350名/2019年度:5,467名 調査方式インターネット調査 本件の詳細はこちらをご覧ください。20210329.pdf(298.1KB)