株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)の研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、学生調査モニターの大学生を対象に、「就職プロセス調査」を実施いたしました。本リリースでは、2018年12月1日時点で民間企業への就職が確定している大学生に「地元で働くことについての考え」と「地元で働くことについて不安はあるか」を尋ねた結果を分析し、まとめました。本件の詳細はこちらをご覧ください。20190221_01.pdf (1.3 MB)6割が抱く「不安」の正体を知り、払しょくの先手を就職みらい研究所 所長 増本 全 「学生はUターン就活には興味がないわけでなく、不安が大きい」。調査から、地元を離れて一都三県に居住する学生の4割以上が、地元での就職に前向きだとわかりました。しかし厳しい現実も明るみに。前述の地元を離れて一都三県に居住する学生の6割近くが、地元に戻ることを不安に感じてるのです。Uターン促進のカギは「待遇がよくない」や「志望業種がなさそう」など不安の正体を知り、先回りして払しょくすることにありそうです。今回は学生が地元で働くことについての本音を、数字とコメントから探ります。 本件の詳細はこちらをご覧ください。20190221_01.pdf (1.3 MB)