株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。本件の詳細はこちらをご覧ください。20181226.pdf (709.1 KB)「就職内定状況」について12月1日時点での大学生の就職内定率は95.4% 前年同月の94.8%と同水準であった。 ※大学院生除く 12月1日時点での就職志望者のうち、就職内定率は95.4%と、10月1日時点の94.0%と比べて1.4ポイント高かった。また、前年同月の94.8%と同水準であった。 企業選びや内定後において、家族から「反対」された内容 企業選びや内定後において、家族から「反対」された内容を聞いたところ、「業種」が41.5%と最も高かった。 ※大学院生除く 企業選びや内定後において「反対」された観点を聞いたところ「業種」が41.5%と最も高く、次いで「職種」が23.5% 、「安定性」が22.9%であった。 本件の詳細はこちらをご覧ください。20181226.pdf (709.1 KB)