就職プロセス調査 (2022年卒)「2021年4月1日時点 内定状況」就職内定率は28.1%、前月差+10.5ポイント。前年同月差は-3.2ポイント

株式会社リクルート


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)のよりよい就職・採用のあり方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

就職内定率は理系が前年同月差-6.0ポイント、内定取得先業種には前年比でばらつき

4月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率※1は、28.1%(-3.2ポイント)※2と前年同月と比べて低くなりました。文理別に見ると、文系が25.4%(-2.2ポイント)、理系が33.9%(-6.0ポイント)と特に理系で低くなっています。例年この時期に増加する傾向にあった理系学生の内定出しが進んでいないことが今回の内定率に関係していると考えられます。理系学生の内定取得先企業を前年と比べて見ると「情報通信業」「機械器具製造業」などでは高くなっているものの「建設業」「製造業(機械以外)」では低くなっています。各活動の実施率を前年と比べると、学生全体で実施率が下がっている項目が多く、例年に比べ思うように活動が進んでいない学生の割合が増えている様子がうかがえます。文理別に見てもインターンシップへの参加や、キャリアセンターへの相談などで理系学生の減少幅が大きくなっています。学生の活動が前年よりも進んでいないことから、企業によっては計画通りに進められていないことも想定されます。一方で、内定を取得している学生については内定取得企業数、保有企業数を見ると前年と比べて増加しています。このことから、動いている学生と、まだ動いていない学生の差がより顕著に表れていると考えられます。22年卒については前年より続くコロナ禍の影響もあり、インターンシップ参加や、OB・OG訪問がうまく進まなかった学生もいるでしょう。周りがどう動いているか分からないという学生の声も増えているように感じます。コロナ禍において変化はたくさんありましたが、Web上での就職活動が可能になったのもその一つです。Web上での説明会を活用し、志望する企業の情報を取得して活動を進めていきましょう。

※1内々定を含む ※2 ( )内数値は前年同月差

20210407_hr_01

この記事をシェアする

シェアする

この記事のURLとタイトルをコピーする

コピーする

プレスリリーストップへ戻る