就職プロセス調査(2022年卒)「2021年8月1日時点 内定状況」就職内定率は85.3%、前年同月差は+4.1ポイント コロナ禍以前よりやや低い水準で推移

株式会社リクルート

logo_syusyokumirai

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)のよりよい就職・採用のあり方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施いたしました。このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。

内定率は2021年卒と比べやや高いものの、選考に関わる活動の割合が前年より低下

8月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率※1は、85.3%(+4.1ポイント)※2となり、前月から4.8ポイント増加し、コロナ禍以前の2020年卒と比べると5.9ポイント低くなりました。内定未取得学生の7月中の活動を見ると、「エントリーシートなどの書類を提出した」「面接など対面での選考を受けた」などの選考に関わる活動率が前年と比べて少ないことが分かりました。前年については新型コロナウイルス感染症の影響により5月に制限されていた企業の採用活動が6月以降に再開していました。その結果、7月以降の内定率の上昇幅が例年に比べ大きかったのですが、今年はオンライン上での就職活動の広がりもあり、前年と比べると7月中の採用活動が落ち着いていると考えられます。しかし、企業の採用については、すでに終了しているわけではなく、就職サイト上でも採用継続企業や追加募集企業が多数掲載されている等、採用活動を続けている企業もあります。今後、公務員併願者を採用したいと考えている企業もあります。就職活動中の学生の皆さんは、活動を止めることなく引き続き進路に向けて動いていただければと思います。

※1内々定を含む ※2( )内数値は前年同月差 

20210817_hr_01

この記事をシェアする

シェアする

この記事のURLとタイトルをコピーする

コピーする

プレスリリーストップへ戻る