学校向け『スタディサプリ』小学1〜3年生向けに学習コンテンツの提供を開始

株式会社リクルート

logo_StudySapuri

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』は、学びの基盤になり、先生とともに、生徒の生きる力を育むべく、学校向けサービスにおいて、小学1〜3年生を対象とした学習コンテンツの提供を開始しました。

新コンテンツ追加の背景と目的

文部科学省が取り組むGIGAスクール構想により、全国の児童・生徒一人に一台の端末が完備され、オンラインで学習する環境が整いつつあります。これまで、『スタディサプリ』では小学4年生から学習できるコンテンツを提供してきましたが、児童の学力差解消のさらなるサポートをすべく、『スタディサプリ 小学講座1〜3年生』の新たな学習コンテンツの提供を開始しました。小学校低学年は、学習において先生のサポートをある程度必要とします。そのため新コンテンツは、学齢に合った学習体験ができるよう、学校での利用を前提とした教材設計で先生の指導負荷軽減を図っています。また、小学4年生以上の児童・生徒の学び直しにもご活用いただけます。この度のリニューアルにより小学1年生から高校3年生まで12学年分の教材が揃うため、特に小学校・中学校を一括して抱える市区町村自治体にとって利用しやすくなります。

学校向け『スタディサプリ 小学講座1〜3年生』の新コンテンツの内容

学齢に合った学習体験
小学校低学年の児童の学習に最適化されたドリル(国語と算数)とアニメーション動画(算数)をご提供します。※順次、社会と理科のドリルも提供予定
他学年のような講義動画中心ではなく、ドリル演習を中心とした教材構成で、小学校低学年の児童にとって取り組みやすく、集中力が継続しやすい設計です。

20210902_s001

学齢に合った教材内容
写真やイラストを多く取り入れた楽しい問題・解説を、学友キャラとともに学べます。ドリルやアニメーション解説動画では、思考の流れに合わせた充実した解説を提供します。

20210902_s002

学校で使いやすい教材設計
1回5分程度で構成されており、朝学習などの隙間時間に簡単に活用いただける設計です。授業内で早く取り組みが終わった児童の追加演習としても利用可能です。
また、ドリルは自動採点され、児童自らの取り組みのほか、先生からの課題配信もできます。

※個人向けのスタディサプリは小学4年生以上の学習コンテンツを提供しており、小学1〜3年生の学校向け当コンテンツは含まれませんのでご注意ください。

今後も忙しい先生のサポート教材として、児童の学力向上だけでなく、先生の作業効率向上となるツールを目指してサービスを提供してまいります。

この記事をシェアする

シェアする

この記事のURLとタイトルをコピーする

コピーする

プレスリリーストップへ戻る