【美容センサス2022年上期】≪エステサロン[脱毛]編≫

株式会社リクルート

logo_hba


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、過去1年間におけるエステサロン[脱毛]の利用に関する実態調査を実施しましたので、その結果をご報告いたします。

男性の脱毛サロン利用金額が2年連続で上昇
男性のサロン選びは、料金よりも「口コミ」「スタッフ」を重視
「15~69歳男女の過去1年間における美容サロン利用実態」を調査(2022年2月実施)

要約

ポイント1. 男性の1回あたり利用金額は2年連続で上昇
・1回あたり利用金額は女性が8,882円(前年比537円減)に対して、男性は7,043円(前年比366円増)と、2年連続で利用金額が上昇。男性の施術部位で最も利用率が高いのは3年連続「髭」。
20220623_bd001

ポイント2. 女性の店販購入率が2年連続で上昇。男性は年間購入金額が大幅増加
・過去1年間での店販購入率は、女性が18.1%(前年比1.9pt増)で2年連続の上昇。
・男性の購入率は20.8%(前年比1.8pt減)と前年から減少したものの、購入金額は1万5,332円(前年比5,561円増)と大幅増加。

ポイント3. 男性の初回来店前のサロン選びは料金よりも「口コミ」「スタッフ」を重視
・「初回来店前にサロン選びで重視したポイント」の男性の1位は、「友人・知人の口コミが良い」(24.9%)、2位「ネットの口コミが良い」(23.2%)と、「口コミ」を重要視。3位「ネットに掲載されているデザインやスタイルが良い」(15.2%)、4位「ネットに掲載されている情報で自分に合いそうなスタッフを見つけられる」(13.8%)など、上位にはネットに掲載されている施術内容やスタッフの情報がランクイン。「料金がリーズナブル」(10.6%)は口コミやネットに次いで5位に。

コロナ禍でも男性の美容意識は高まっており、約10人に1人の男性が「メイクアイテム」を購入*しています。とはいえ、「どんなふうに施術を受けるのか?」「サロンに行って自分が浮かないか?」など気になることも多いでしょう。このため、初回来店前のサロン選びでは、料金以上にネットの情報を重要視しているのではないでしょうか。
*美容センサス2021年下期<美容意識・購買行動編>
03_tanakasan『ホットペッパービューティーアカデミー』研究員 田中 公子

調査概要と回答者プロフィール

調査名
美容センサス2022年上期≪エステサロン[脱毛]編≫

調査目的
女性・男性の過去1年間における美容サロンの利用実態を把握し、美容に対する意識をとらえる

調査方法
インターネットによるアンケート調査
株式会社マーケティングアプリケーションズの「MApps Panel」を利用

調査対象
全国、人口20万人以上の都市に居住する15~69歳の男女
女性・男性 各6,600サンプル
※人口20万人以上の都市の人口比率によってエリアごとの割付数を決定
※男女それぞれ、年齢5歳刻みで均等割付(エリアと年代による割付数詳細は下記数表を参照)
20220623_ba002
調査実施時期
2022年2月10日(木)~2月18日(金)
※時系列データ:比較対象の調査の実施時期と調査対象は以下の通り
20220623_ba003
調査実施機関
株式会社アンド・ディ

この記事をシェアする

シェアする

この記事のURLとタイトルをコピーする

コピーする

プレスリリーストップへ戻る