【美容センサス2022年上期】≪アイビューティーサロン編≫

株式会社リクルート

logo_hba


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、過去1年間におけるアイビューティーサロンの利用に関する実態調査を実施しましたので、その結果をご報告いたします。

女性のサロン利用率は、過去5年で最も高い9.3%に
利用メニュー1位は、昨年に続き「まつげパーマ・カール」
「15~69歳男女の過去1年間における美容サロン利用実態」を調査(2022年2月実施)

要約

ポイント1. 女性の利用率は、過去5年で最も高い9.3%に。年間利用回数も増加
・女性の利用率は、前年比2.0ポイント上昇。年間利用回数は前年比3.8%増の4.61回と増加。1回あたり利用金額は4,847円(前年比26円増)と前年から横ばい。
20220623_bf001

ポイント2. 女性の利用メニュー1位は、昨年に続き「まつげパーマ・カール」
・「まつげパーマ・カール」が昨年に続き女性の利用メニュー1位に。前年から10.9ポイント増の64.8%。
・「まつげエクステンション」は、前年比11.3ポイント減少し、37.0%に。

ポイント3. 女性の店販購入商品のうち「基礎化粧品・メイクアイテム」「アイメイク用品」が前年から大幅増加
・2位の「アイメイク用品(マスカラ、アイブロウ、アイシャドウなど)」は前年から6.6ポイント増加し、33.7%。
・4位の「基礎化粧品・メイクアイテム(アイメイク用品以外)」は、前年から11.7ポイント増加し、21.7%。

コロナ禍で「マスクから見える」目元への美容意識は上昇しています。まつ毛は目元の印象を大きく変えるパーツで、「まつげパーマ」や「まつげエクステ」は毎日の時短メイクにもつながります。またサロンでの「アイブロウ・眉カット」の利用も増加していますが、このことはSNS等で人気の出たメニューの影響もあるかもしれません。
2022年調査ではサロン利用が大幅に増加し、利用回数も増加したことから、アイビューティーマーケットの広がりがうかがえます。
03_tanakasan『ホットペッパービューティーアカデミー』研究員 田中 公子

調査概要と回答者プロフィール

調査名
美容センサス2022年上期≪アイビューティーサロン編≫

調査目的
女性・男性の過去1年間における美容サロンの利用実態を把握し、美容に対する意識をとらえる

調査方法
インターネットによるアンケート調査
株式会社マーケティングアプリケーションズの「MApps Panel」を利用

調査対象
全国、人口20万人以上の都市に居住する15~69歳の男女
女性・男性 各6,600サンプル
※人口20万人以上の都市の人口比率によってエリアごとの割付数を決定
※男女それぞれ、年齢5歳刻みで均等割付(エリアと年代による割付数詳細は下記数表を参照)
20220623_ba002

調査実施時期
2022年2月10日(木)~2月18日(金)
※時系列データ:比較対象の調査の実施時期と調査対象は以下の通り
20220623_ba003
調査実施機関
株式会社アンド・ディ

この記事をシェアする

シェアする

この記事のURLとタイトルをコピーする

コピーする

プレスリリーストップへ戻る