2020年12月21日株式会社リクルートその他株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村吉弘)内の、「人」と「組織」に関する研究機関・リクルートワークス研究所は、民間企業における、2022年新卒者を対象とした採用見通しに関する調査を行いました。全国の4,516社より回答を得、このたび結果がまとまりましたのでお知らせします。 大学・大学院卒採用は「減る」11.6%の一方で「増える」も7.7%、「わからない」企業も19.7%→26.1%と増加し、採用数の決定に遅れ 2022年卒者の新卒採用見通し(大学生・大学院生) 前年と比較して、新卒採用数が「増える」企業が7.7%であり、「減る」は11.6%であった。また、「わからない」が21年卒の19.7%から26.1%と6.4%ポイント増加した。 「以前も今後も採用しない」は9.5%と、21年卒の10.3%から低下した。 業種別に見ると、多くの業種において「減る」が「増える」を上回った。特に「減る」が大きく上回っている業種は、飲食店・宿泊業(-15.7%ポイント)、卸売業(-6.1%ポイント)。一方で、「増える」が「減る」を上回っているのは、建設業(+2.0%ポイント) 、医療・福祉(+0.8%ポイント)。人手不足が深刻な一部の業種を除いて低水準となっている。 新卒採用見通しの経年比較 (大学生・大学院生) 「増えるー減る」のポイントは-3.9%ポイント。10年間続いた採用数増加傾向は一段落となった。 また、「わからない」も26.1%と2012年卒以来の高水準となった。新型コロナウイルス感染症の流行により状況が見通せない中で、採用数の決定に遅れが見られる。 新卒採用方針:採用数に対する姿勢(大学生・大学院生) 「新卒採用における採用数に対する姿勢」を聞いた。採用実施企業のうち、「毎年同程度の人数を採用する」は全体で47.3%、「毎年採用するが業績に応じて人数を調整する」は36.1%、「業績によっては採用しないことがある」は15.2%であった。 「毎年同程度の人数を採用する」姿勢の企業が最も多く、半数近い結果となった。 「毎年同程度の人数を採用する」の回答が多いのは、業種別では金融・保険業(72.2%)、建設業(58.5%)、小売業(53.4%)、情報通信業(52.3%)と幅広い。 2021年卒採用における充足率(大学生・大学院生) 10月1日時点の2021年卒の新卒採用の充足率(=2020年10月1日時点の内定数÷2020年6月時点の採用予定数)は80.5%。全体では計画通りに採用が進んでいない。なお、通常は4月時点での採用予定数のところ、今回は6月時点での採用予定数を用いて算出しているため単純比較はできないが、前年の83.1%からほぼ横ばいとなっている。 規模の小さな企業の中に、景況感の変動によって、6月時点では採用予定があったものの結果として採用を見送ったり、採用の着手が遅れたことが多いことが背景にあると考えられる。 本件の詳細はこちらよりご覧ください ワークス採用見通し調査(新卒:2022年卒)