2019年09月26日株式会社リクルートその他株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)が推進するプロジェクト『iction!(イクション) 』は、2019年9月26日にコンセプトを「十人十色の働き方を、みんなでつくる」にリニューアルしましたのでご報告いたします。 iction!の活動と新コンセプトの概要 iction!とは? 「子育てしながら働きやすい世の中を、共に創る」をコンセプトに2015年にスタートしたプロジェクトです。社会課題とされてきた女性の就業率向上・M字カーブ解消を目的とし、「妊娠・出産時に辞めなくてすむ」「育児と仕事の両立によるストレスを減らす」「無理なく始められる仕事をつくる」の3テーマを推進。「はたらく育児」を応援するべく、「育児」+「アクション」を組合せた『iction!(イクション)』を名称に掲げました。 コンセプトリニューアルの背景 2015年からの4年間の活動を通じ、出産による離職の防止や育児中の女性の再就職支援に取り組んでまいりました。「働きたいけど働けない」「自分らしい働き方の選択肢がない」と悩んでいる人が、再就職できるよう取り組んできた『時短JOB(短時間勤務や勤務日数を限定した働き方ができる仕事)』は、2019年3月時点で約20万件の雇用機会を創出しています。実際、多くの育児中の方が就業されていますが、最近は、ダブルワーカー、学業や介護との両立を希望する人なども増え、性別・年代に関係なくさまざまな理由で選ばれています。また、将来の家計を予測できるツール『iction!みらい家計シミュレーション』は、累計100万人(2019年3月時点)に利用いただいているなか、最も利用しているユーザーは「子育て中の男性」となっています。 「はたらく育児」を推進するなかで、その解決に向けたソリューションは、育児中の女性に限らず、自由な働き方をしたい、時間あるいは体力的に制約があっても自分らしく働きたいと考えるあらゆる方にご利用いただくようになりました。 これからのiction! こうした背景から、『iction!』は「はたらく育児の応援プロジェクト」から「十人十色の働き方を、みんなでつくるプロジェクト」へと歩みを進めます。子育て中の女性も男性も。育児も介護も学業も。人生100年時代は、より生き方が多様化し、国際化が進むなかで、さまざまなバックグラウンドの人々と働くことも身近になるはずです。さまざまな働き方が共生する社会の実現に向けて。2019年、『iction!』セカンドステージがスタートします。 リニューアルしたWebサイトでは、6つのテーマ(両立支援、女性の活躍、ミドルシニア、外国人、障がい者、多様な働き方)を中心にリクルートグループ横断で発信をしてまいります。 iction!ホームページ:https://www.recruit.co.jp/sustainability/data/iction/ 新ロゴ+コンセプト 新しいロゴについて ロゴに込めた想い 人生の数だけ働き方があっていい。 ロゴデザインも新コンセプトに合わせて、ピンクのブランド色からカラフルになりました。いろんな絵の具が混じり合って、「また別の新しい色が生まれる」「人がもつ可能性にワクワクする」、そんな世界観を色に込めています。手のひらはこれまで通り、多様な働き方を後押しできるように。そして、関わる人の想いが繋がっていく共創の手を象徴しています。 iction!のステートメント 本件の詳細はこちらよりご覧ください リクルートグループ横断プロジェクト iction! 「十人十色の働き方を、みんなでつくるプロジェクト」に進化 Webサイトもリニューアル!