株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⼩林⼤三)が提供する『就職Shop』 (https://www.ss-shop.jp/)について、このたび2018年5月をもって、サービス提供を開始した2006年以降の累計利用者が10万人を突破しましたので、ご報告いたします。本件の詳細はこちらをご覧ください。20180612.pdf (235.4 KB)就職Shopとは就職Shopは、アルバイト・フリーター・契約社員の方や、第二新卒・既卒の方、卒業を控えた新卒の方など、正社員経験がない(もしくは短い)若者の就職支援と、中堅中小企業の採用活動をサポートする、人材紹介サービスです。2006年4月にサービス提供を開始し、首都圏6店舗、関西3店舗の合計9店舗を展開しています。利用者の9割が20代*であり、累計約8300社(2018年5月末時点)の企業の採用を支援しています。 *2006年4月~2018年3月実績 サービス提供の背景 <内定率は過去最高水準、しかし正規雇用を希望しても非正規の若者が一定数いる> 昨今、新卒の就職内定率は98%(2018年3月 厚生労働省発表)を超え、若者の雇用環境には、一見大きな問題はないように見えます。しかし、このような環境にあっても、非正規から正社員への転換率は未だ低く、希望しても正社員になれない若者が一定数いる、という事実があります。 サービスの意義 <「直接会うこと」にこだわり続け、事業開始以来の利用者が10万人を突破> 企業が表面的な尺度にとらわれずに、本当に個人に向き合って採用を行うには、「直接話す」ことが必要と考えます。だからこそ、就職Shopは個人と企業が「直接会う」ということを大事にしています。そのため、通常人材紹介事業者が行っていることの中で、あえて「しない」と決めていることがあります。 <就職Shopが「しない」こと>「書類選考」をしない:文字では伝わりにくい個人の持ち味をコーディネーターが表出します。「求人要件定義」をしない:スキルや経歴ではなく、人物重視のマッチングを何より重視します。こうした取組みを10年以上にわたって続けており、これまで個人の前向きな就職活動・入社後の活躍を多数後押ししてきました。また、採用難の企業の採用成功を実現してきました。 本件の詳細はこちらをご覧ください。20180612.pdf (235.4 KB)