株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:⼩林⼤三)は、本日より、企業の採用をサポートする、スカウトツール「RECRUIT AGENT CAST」の名称を「リクナビHRTech 転職スカウト」(https://hrtech.rikunabi.com/)に変更しましたので、お知らせいたします。本件の詳細はこちらをご覧ください。20180312.pdf (230.7 KB)「リクナビHRTech 転職スカウト(旧名称:RECRUIT AGENT CAST)」とは?人口知能(AI)を活用した採用支援ツール(成果報酬型のサービス) 蓄積された膨⼤なマッチングデータを活用し、AIが企業の求める人材要件に合わせた候補者をピックアップしてレコメンドします。また、リクルートエージェントの候補者データベースを直接検索して頂くことも可能です。 企業は、候補者に対して「⾯接に来て欲しい」「興味がある」の評価付けを⾏うだけで、メール⽂⾯不要で簡単にスカウト判定することが可能です。AIが判定履歴を学習するので、利用すればするほどレコメンド精度が向上していきます。 名称変更の背景 「まだ、ここにない、出会い。」をさらに広げるために 2016年に「RECRUIT AGENT CAST」のサービスを開始して以来、多くの企業様の採用活動に支持され、今では、16,000社に利用いただくサービスに成⻑しました。特に、中⼩企業などの知名度が少ないが故に、人材との接点が持てなかった成⻑企業と優秀な人材との出会いを実現し、好評をいただいています。 コーポレートメッセージにある「まだ、ここにない、出会い。」をさらに広げるべく、名称・ロゴも新たに、サービスを進化させてまいります。 (新ブランドロゴ) 今後の展開 「採用支援機能(スカウト機能)」に加え、「採用管理機能」までサービスを拡張 現在は、採用支援に限った機能を、「リクナビHRTech」ブランドのもとに、採用管理の機能までサービスを拡張する予定です(今夏予定)。サービスを通じて、人事の負担となっている、採用や人材管理に関する実務を軽減すると同時に、コア業務である戦略⽴案をサポート。企業の採用進化に貢献することを目指します。 本件の詳細はこちらをご覧ください。20180312.pdf (230.7 KB)