株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷智之)が行う、日本の介護ビジネスを応援するプロジェクト『HELPMAN JAPAN』は、ムック本『HELPMAN JAPAN 2014 これからの介護をつくる人たち。』を発行いたします。発行に合わせて、e-bookをHELPMAN JAPANのサイトで無料公開いたします。▼本件の詳しい内容はこちらをご覧ください。20140630.pdf (794.7 KB)いま介護の世界が、新しくて、おもしろい。  超高齢社会が進む日本において、介護サービスを必要とする可能性の高い75歳以上の人口は、2010年に1407万人でしたが、2015年に1646万人、2025年には2179万人になると予測されおり(内閣府「高齢社会白書」)、2025年には介護職が100万人不足すると言われています。(第45回社会保障審議会 介護保険部会 )  一方、介護の仕事は求人倍率が高く、人材不足の状態が続いています。その原因として、求職者が仕事を探す際、介護業界の仕事を探したことがある人はわずか9%と、小売・販売業界の43%、外食産業の36%などと比べると大きく差がついており、職業の選択肢として認知が低いことがあげられます。(HELPMAN JAPAN「介護業界の職業イメージに関する調査(2013年)」 )  私たちは、これまでの活動を通じて、新しい視点でクリエイティブに介護の仕事に取り組んでいる方々の取材を行ってきました。こうした事実を発信していくことで、介護という仕事に新しい見方を提供したいと考え、『HELPMAN JAPAN 2014 これからの介護をつくる人たち。』を発行いたしました。媒体の概要誌名: HELPMAN JAPAN 2014 これからの介護をつくる人たち。仕様: A5版 全74ページ発売日: 2014年6月30日定価: 500円 (販売は7月上旬よりオンライン書店でのみ取扱い)配布場所:リクルートキャリアが主催、共催する就職/転職セミナー、イベント等で配布いたします。             冊子配布についてのお問い合わせは、HELPMAN JAPANのお問い合わせページより受け付けています。e-book:右記のURLよりご覧ください。  http://helpmanjapan.com/ebook/latest/『HELPMAN JAPAN』とは?  『HELPMAN JAPAN』は、2010年に株式会社リクルートキャリアと株式会社講談社が共同で立ち上げた、日本の介護ビジネスに関わる全ての人を応援するCSRプロジェクトです。日本の福祉・介護を世界に誇る未来産業へ。Webサイトでは、最新情報やイノベーティブな取り組みをしている方などのインタビューを通じて、介護業界についてのポジティブな情報発信を行っています。http://helpmanjapan.com/『HELPMAN JAPAN 2014』インデックス続きは、e-bookでご覧ください  http://helpmanjapan.com/ebook/latest/▼本件の詳しい内容はこちらをご覧ください。20140630.pdf (794.7 KB)