株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健、以下リクルートライフスタイル)が運営する、やりとりも作成もラクになるシフト管理サービス『Airシフト』は、より多くの中小店舗の皆さまにシフト管理業務を効率化していただけるように、8月1日(木)より、料金プランを連携スタッフ1人あたり100円に変更し、本日より新料金プランでの申し込み受け付けを開始いたします。また、料金プランの変更と同時に、スタッフの出勤・退勤をデジタルに管理できる「タイムカード機能」など一部のサービスを0円にてご利用頂けることをお知らせいたします。『Airシフト』の詳細はこちら https://airregi.jp/shift/料金プラン変更の背景と概要日本の労働力不足の深刻化とともにシフト管理業務は煩雑に2019年4月に「改正入管法」が施行されるなど労働力不足の深刻化に加え、2011年以降長時間働ける人が減っています。調査(※1)ではアルバイト・パート希望者のうち7割以上が、5時間以内勤務の“細切れシフト”を希望しており、これを受けて店舗側も、週の最低勤務日数が「1~2日」、1日の最低勤務時間が「1~3時間」の“細切れシフト”の求人を増やして人手を確保する動きが加速しています。これにより店長やシフト管理者は、スタッフから提出される“細切れシフト”をパズルのように組み合わせてシフト作成をする必要があり、シフト管理業務全体にかかる時間は、依然として負荷の高い作業となっています。(※1) (株)リクルートジョブズ2015年実施「求職者2500人アンケート」『Airシフト』の導入で、シフト管理にかかる時間を3分の1にまで軽減できた実績も『Airシフト』は、アルバイトやパートの方が自身のシフト管理・給与計算を行える、利用者数No.1(※2)のスマートフォン向けアプリ『シフトボード』と連携することで、希望シフトの転記やシフトのやりとりがラクになるシフト管理サービスです。アカウント数は2018年4月のサービス提供開始後、昨年同月比で6.4倍(2019年5月末時点)を超え、順調に推移しています。実際に、紙や表計算ソフトから『Airシフト』に切り替えた店舗からは、「出勤日数が少なく短時間勤務のスタッフを複数人雇ったことで、スタッフ数は2倍になったにもかかわらず、シフト作成にかかる時間は半分になった」(クリニック/スタッフ数16名)や「90分以上かかっていたシフト表作成が30分まで時間短縮できた」(パン屋/スタッフ数60名)などの声を頂いております。(※2)調査主体:(株)リクルートライフスタイル 実施機関:(株)インテージ(2018年11月実施)▼『Airシフト』シフト管理画面連携スタッフ1人あたり100円のシンプルな料金体系で店舗のコスト負担も軽減さらに、「タイムカード機能」など一部の機能が0円で使えるように変更前の『Airシフト』の料金プランでは、スタッフが1名増えると料金が1,000円上がってしまう場合がありましたが、8月1日より、連携スタッフ1人あたり100円のシンプルな料金プランとすることで、お店のコスト負担軽減を実現しました。また、「急に1人辞めてしまった」「繁忙期なので来月は増員する」などの環境変化に対しても、その月に『Airシフト』と『シフトボード』を連携したスタッフ人数分しか料金が発生しないため安心してご利用いただけます。また料金プランの変更と同時に、スタッフの出勤・退勤をデジタルに管理できる「タイムカード機能」や「シフト作成機能の一部(※3)」は、0円で提供させていただきます。(※3)スタッフ連携をせず、店長やシフト管理者のみでのシフト作成や管理 「シフトをオンラインにSwitchキャンペーン」概要料金プラン変更と同時に、以下のキャンペーンを実施いたします。キャンペーン名:「シフトをオンラインにSwitchキャンペーン」期間:2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)対象:上記期間中に、以下の条件を満たす店舗の中から抽選で10店舗にプレゼント   ・3名以上のスタッフ連携   ・応募フォーム(下記リンク内)からエントリー内容:「Nintendo Switch」×スタッフ連携人数分   (上限30名まで/1店舗)※詳細はこちら https://airregi.jp/shift/campaign/201907 『Airシフト』とは2018年4月にリリースした『Airシフト』は、シフト表の作成はもちろん、スタッフとのやりとりもラクになるシフト管理サービスです。スタッフの希望はシフト表に自動反映、書き写しの手間やミスがなくなります。急な出勤依頼や変更調整も、シフト表を見せながらチャットでやりとり可能、シフト表にも同時に反映されます。 2018年7月には、AIによる機械学習で、スタッフの希望に沿ったシフトを自動作成する新機能「シフト作成アシスト機能」を搭載し、さらなるシフト管理業務の負荷軽減を実現しています。また『Airシフト』は、リクルートライフスタイルが運営する、 シフト管理・給与計算アプリ『シフトボード』 (2019年5月末時点で470万ダウンロード)と連携することができ、スタッフはいつでもどこでもシフトの提出、確認、連絡が可能になります。これにより、店長だけでなくスタッフも煩わしいやりとりが解消されます。主な機能:1. シフトの収集:勤務希望および休み希望の収集、希望シフト提出を自動でリマインド、         希望シフトのシフト表への自動反映2. シフトの作成:日/週/半月/月でシフト表の表示切替、時間帯別の必要人数の表示、         シフトの追加/削除/編集/確定、シフトの下書き保存、         シフト表への忙しさの印入力、シフト表へのメモ入力         シフトの自動作成、AIによる自動作成精度の向上3. シフトの調整:スタッフへのシフト調整依頼、未対応の申請の自動アラート4. シフトの共有:スタッフへのシフト表共有、シフト表のPDFダウンロード・印刷5. チャット連絡:スタッフとのメッセージ機能、スタッフからの申請への回答6. スタッフ管理:スタッフごとのシフト時間集計、スタッフのグループ別管理、         スタッフのCSVデータダウンロード7. タイムカード:スタッフの出勤・退勤を打刻し、労働時間を集計         労働時間と設定した時給などを基にした概算人件費シミュレーション※8月1日以降は、(2.)シフト作成機能の一部(※3)と(7.)タイムカード機能は、0円でご利用いただけます。(※3)スタッフ連携をせず、店長やシフト管理者のみでのシフト作成や管理 『Airシフト』と連携できる『シフトボード』の概要2014年1月にリリースした『シフトボード』は、アルバイトやパートの方が自身のシフト管理・給与計算を行える、利用者数No.1(※2)のスマートフォン向けアプリ(iOS/Android対応)です。2019年5月末には、470万ダウンロードを突破しています。『Airシフト』と連携することで、『シフトボード』上から希望シフトの提出や確定シフトの確認、シフトの調整(欠員や変更、交代要請など)ができるようになり、より便利にご利用いただけます。(※2)調査主体:(株)リクルートライフスタイル 実施機関:(株)インテージ (2018年11月実施)主な機能:1. シフトの管理:シフトの入力・表示、         スマートフォンのカレンダーとの同期2. 簡易給料計算:給料見込計算、影響ある税金・保険料のチェック、         月々の収入ペース管理『Airシフト』と連携することで使える機能:3. シフトの提出:希望シフトの提出・確定シフトの確認4. シフトの調整:シフトの欠勤/変更/交代申請、出勤依頼への回答、         店舗・他スタッフとのメッセージ価格:無料