株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(https://www.hotpepper.jp/ggs/)は、「ハロウィーン」時期の飲食行動や仮装の普及などに関する意識についてのアンケートを実施しましたので、その結果を発表いたします。<要約>POINT1. 今年の「ハロウィーン」行事の参加予定者は22.6% 前年同時期の参加予定22.5%と同程度・2018年の「ハロウィーン」行事(飲食、パーティー、イベント)に参加予定だと回答した人は22.6% 。参加予定者のうち、30代女性の参加予定率が最多で30.7%であった。・前年、「ハロウィーン」行事に参加予定と回答した人は22.5%。・参加予定行事の1位は「食事主体の外食店での飲食、パーティー、イベント」(11.4%)。POINT2. 「ハロウィーン」行事に仮装して参加したい人は39.6%・「仮装派」は参加者予定者中39.6%。・参加予定者では、30代女性の55.5%と20代男女のほぼ半数が仮装予定。POINT3.  「ハロウィーン」肯定派が2年連続微増、「経済効果」など理由に・「ハロウィーン」習慣には68.1%が賛成(前年67.8%)、「仮装」には62.0%が賛成(前年60.5%)、いずれも2年連続で微増。若者ほど肯定的。・賛成理由のトップ3は「本来の意味と違っても日本風に楽しめばよい」(45.5%)、「たまにはめを外す機会としてよい」(41.5%)、「経済効果がある」(36.3%)。「経済効果」は3年連続で割合が増加。反対理由のトップは「何かと理由をつけて騒ぐのはよくない」(53.8%)。 詳細は下記リンクよりPDFをご覧くださいhttps://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2018/10/RecruitLifestyle_ggs_20181012.pdf