株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営する旅行情報サービス『じゃらん』では、2018年の旅行業界におけるトレンドをキーワードとともに予測し、発表いたします。詳細はこちらよりご覧ください。 https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/12/RecruitLifestyle_jalan_20171206.pdf 【2018年のトレンド予測キーワード】【概要】「健康立国」を標榜した日本。「人生100年時代構想」の発表や「スーパーフード」「クロスフィット」の流行を背景に世の中の健康志向が高まり、それは旅のスタイルにも変化を及ぼしています。旅行の目的は「疲れを癒すこと」から「旅先で健康になること」へと変わり、旅行者が自ら「へるしい」になるための滞在へと変化しつつあります。観光地は、健康地へ。観光客は、健康客へ。今、「へるしい旅」の流れがきています。【背景】◎世の中の関心事は、健康と旅行。健康で長生きするために時間とお金を投資する人が多く存在する ・以前よりも興味関心が高まっていることは、1位「健康」62.8%、2位「旅行」61.8%、3位「食事」59.5% ・健康のために日頃から意識している人は85.7% ・自分の健康のために時間やお金を投資したいと思っている人は62.2% ・健康に対する1カ月の平均投資額は3,541円、今後投資しても良いと思う金額は、855円増の4,396円 ◎政府としても、「旅行×健康」への取り組みが活性化 ・経済産業省は、2017年4月に発表した「アクションプラン2017」の中で「観光・旅行×健康」による新たなヘルスケア産業の創出について言及し、ヘルスツーリズム認証制度が2018年から施行予定 ・環境省が、7月に「新・湯治 ONSEN stay」の推進について発表 ◎「へるしい旅」に興味関心を持っている人は7割以上 「へるしい旅」の一例出典)*1)画像提供:星野リゾート 界、*2)画像提供:湯河原リトリート ご縁の杜、*3)画像提供:ヘルスリゾート 天空の庭 天馬夢