株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が発行する国内旅行情報誌『九州じゃらん』(編集長:長田 佳子)は、『九州じゃらん』2016年12月号・2017年1月号の読者を対象に九州エリア・山口県にある道の駅に関するアンケートを実施しましたので、その結果をご報告いたします。 なお、結果の一部は、2017年6月1日発売の『九州じゃらん』7月号「コスパ最高!道の駅丼&ご当地土産大図鑑」内でも紹介いたします。調査結果の要約◆道の駅満足度ランキング(総合部門)~これまで訪れたことのある道の駅で、満足度の高い道の駅  第1位「道の駅 うきは」(福岡県)513pt  第2位「道の駅 むなかた」(福岡県)228pt  第3位「道の駅 七城メロンドーム」(熊本県)209pt前回調査(2016年7月発表)から2年連続で「うきは」(福岡県)がトップに。新鮮な産直野菜が購入できることが支持される理由のひとつだ。また、近年ドライブエリアとして注目を集める「うきはエリア」の起点となる施設(観光協会)も併設するなど、情報提供の場としても機能している。 「むなかた」(福岡県)は新鮮な魚介と季節の野菜の品ぞろえが支持され引き続き2位をキープ。米粉パンやソフトクリームなどのテイクアウトグルメも人気だ。またメロンの関連商品と、米が人気の「七城メロンドーム」(熊本県)も前回に引き続き3位と、TOP3入りを守った。 ◆レストラン部門のランキング ~項目別でレストラン部門の満足度が高かった道の駅  第1位「道の駅 かまえ」(大分県)91.8  第2位「道の駅 おおき」(福岡県)88.8  第3位「道の駅 北浦街道 豊北」(山口県)88.1新鮮な魚介が強みの「かまえ」(大分県)が昨年の8位から順位を上げ1位に。また、新鮮な野菜を使ったバイキングが支持され「おおき」(福岡県)が昨年の10位から2位に上昇するなど、順位が大きく入れ替わった。 ◆テイクアウト部門のランキング ~項目別でテイクアウト部門の満足度が高かった道の駅  第1位「道の駅 宇目」(大分県)91.1  第2位「道の駅 七城メロンドーム」(熊本県)88.0  第3位「道の駅 うきは」(福岡県)87.5からあげが人気の「道の駅 宇目」が順位を1つ上げ1位に。続いて果物を使った商品が人気の道の駅が上位に。 ◆お土産部門のランキング ~項目別でお土産部門の満足度が高かった道の駅  第1位「道の駅 うきは」(福岡県)93.7  第2位「道の駅 うき」(熊本県)91.1  第3位「道の駅 むなかた」(福岡県)88.4満足度ランキング1位の「道の駅 うきは」(福岡県)が昨年3位から順位を上げお土産部門でも1位を獲得。