株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が発行する国内旅行情報誌『九州じゃらん』(編集長:長田 佳子)は、『九州じゃらん』2015年12月号・2016年1月号の読者を対象に九州・山口エリアにある道の駅に関するアンケートを実施しました。その結果をご報告いたします。調査結果の要約◆道の駅満足度ランキング(総合部門)~訪れたことのある施設の中で満足度の高い道の駅 第1位「うきは」(福岡県)366pt  第2位「むなかた」(福岡県)359pt  第3位「七城(しちじょう)メロンドーム」(熊本県)311pt 前回調査(2015年4月発表)より1位と2位の順位が逆転し、昨年2位だった「うきは」が1位、昨年1位だった「むなかた」が2位という結果になった。「うきは」の2014年の順位は4位となっており、毎年徐々に順位を上げ、今回1位を獲得する形となった。「七城メロンドーム」は昨年と同じく3位の順位を保持しており、福岡県にある道の駅が上位を占める中、3年連続でトップ3入りを果たした。 ◆レストラン部門のランキング ~レストラン部門の満足度が高かった道の駅  第1位「なかつ」(大分県)90.3pt  第2位「鹿北」(熊本県)88.0pt  第3位「北浦街道豊北」(山口県)87.3pt トップ3の顔ぶれが昨年と大きく変わり、昨年9位の「なかつ」が1位に。2位は「鹿北」、3位は「北浦街道豊北」という結果になった。 ◆テイクアウト部門のランキング ~テイクアウト部門の満足度が高かった道の駅  第1位「彼杵の荘(そのぎのしょう)」(長崎県)87.6pt  第2位「宇目」(大分県)86.7pt  第3位「七城メロンドーム」(熊本県)86.4pt お茶を使ったグルメが好評の「彼杵の荘」が1位を獲得。2位「宇目」は昨年1位から順位を落とす形となったが、「七城メロンドーム」は昨年同様3位をキープした。 ◆お土産部門のランキング ~お土産部門の満足度が高かった道の駅  第1位「北浦街道豊北」(山口県)92.7pt  第2位「童話の里くす」(大分県)90.0pt  第3位「うきは」(福岡県)89.8pt 「北浦街道豊北」「童話の里くす」がそれぞれ1位、2位を獲得。「うきは」は昨年に続き、3位をキープしている。