株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)に設置された「エイビーロード・リサーチ・センター」(センター長:沢登次彦)は、2014年に海外渡航をした方を対象に、国際線エアラインの満足度調査を実施しました。ここにその結果をご報告いたします。総合満足度                                  ■「シンガポール航空」が2012 年調査以来4年連続で総合満足度1位。2位には「日本航空」(前年3位)、3位に「ANA」(前年2位)が入り、前年に続きトップ3のうち2社が日系。 ■上位20エアラインの国籍内訳は、日系3社(前年2社)、アジア系6社(前年5社)、ヨーロッパ系6社(前年9社)、中近東・アフリカ系3社(前年3社)、太平洋・オセアニア系2社(前年1社)。トップ20にLCCは2社。最高位は17位に日系の「ピーチ・アビエーション」。【総合満足度ランキング】      1位       (前年1位)シンガポール航空 4.20ポイント      2位     (前年3位)日本航空 4.18ポイント      3位     (前年2位)ANA 4.09ポイント           4位   (前年8位) ニュージーランド航空 4.02ポイント      5位(同率)(前年6位) エバー航空 4.01ポイント      5位(同率)(前年5位) エミレーツ航空 4.01ポイント 部門別満足度 ■上位のスコアは拮抗する部門が多く、5部門すべてで1位がそれぞれ別の航空会社。  ■「空港内の航空会社職員の接客サービス 」部門は「ANA」が2年連続で1位。「機内エンターテインメント 」部門では「エミレーツ航空 」が2年連続で1位。「機内飲食サービス 」部門では「カタール航空」が2014年13位から急上昇して1位を獲得! 【各部門別満足度ランキング1位】     ①航空機の機材、設備:シンガポール航空 4.01ポイント/前年2位    ②客室乗務員の接客サービス:日本航空 4.11ポイント/前年3位   ③空港内の航空会社職員の接客サービス:ANA 4.07ポイント/前年1位④機内飲食サービス:カタール航空4.01ポイント/前年13位⑤機内エンターテインメント:エミレーツ航空 4.07ポイント/前年1位  ※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値。※「総合満足度」は部門別満足度ポイントの合計ではなく、今回調査した単独設問で算出した数値を使用。