株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)が運営をする旅行サイト『じゃらんnet』、国内旅行情報誌『じゃらん』、観光に関する調査研究機関「じゃらんリサーチセンター」は、6月15日に日航ホテル福岡にて開催いたしました「じゃらんフォーラム2015」にて、2014年度の1年間に顕著な実績を収められた九州ブロックの宿泊施設を表彰する「じゃらんアワード2014」(九州ブロック)を発表いたしましたので、ご報告いたします。結果【施設紹介】霧島市の中心地にあり、鹿児島空港から車で20分。全155室はこだわりの高級羽毛布団を使用し、有線・無線LANに対応しているため、ビジネスや観光利用のお客さまに最適。食事は全30種類の和洋バイキング。中でも鹿児島県奄美群島の郷土料理である鶏飯はおすすめ。『じゃらんnet』は全スタッフで活用。特に写真には力を入れており、ホテルが魅力的に写っている写真や、新しい料理写真など、頻繁に差し替える事により、ページに鮮度を保っている。毎日、新鮮な情報をアップし続けることにより、多くのPVやアクションを保ち続けることができ、結果として売上アップへと繋がった。 【施設紹介】開湯1300年、「日本三大美肌の湯」に称される嬉野温泉の旅館。全34の客室は、カラフルなファブリックに彩られ洗練された空間の露天風呂付き客室と、和の落ち着きの中に安らぎを感じさせる正統派の和室タイプがあり、いずれも高い評価を得ている。名湯を満喫できる湯処は、大浴場・露天風呂はもちろんのこと、それぞれに趣向を凝らした多彩な貸切風呂もあり、訪れる人々を楽しませている。また料理は、佐賀が全国に誇るブランド牛「佐賀牛」をはじめとする地元の食材を、器にもこだわった彩り豊かな会席で提供。「美」「食」「癒し」の三拍子が揃う、きめ細やかなおもてなしにも定評のある宿。 【地域紹介】「この月に黒川温泉に来てもらうには、何をしてもらえばいいだろう・・・」。常にお客さまの目線になり、来てもらうためのきっかけ作りや、また来ていただいたお客さまの満足度を最大にするために、常にみんなで会議を繰り返した。そして、改めてこの地域の「宝」である黒川温泉をもう一度見直し、「宝」を最大限に磨く努力をやってきた。今後も「また来たい」とたくさん言ってもらえるような黒川温泉を目指し、日々邁進している。 【施設紹介】人気観光地・由布院にある大人2名専用の宿。14棟の客室は、全て露天風呂・内風呂付きの離れという優雅な造り。驚異的な稼働率・売上もさることながら、200件を超えるクチコミの平均が4.9点、それを3年以上も維持しているという実績は、お客さまに対する真摯な姿勢の為せる技。今年度は、敷地内の池に浮かべると願いが天に届くという不思議な「想い紙」を中心としたプロモーションを展開。現状に満足することなく、長期的な視点で常により良いサービス、より良い結果を求める姿勢を持ち、お客さまにサービスを提供し続けている。 【施設紹介】熊本県の山都町にある、清流と里山に囲まれた温泉宿。九州の中心に位置し、清流「緑川」の上流に立っている。通潤橋まで徒歩3分、五老ヶ滝まで徒歩5分の立地にあり、開放感たっぷりの露天風呂からは季節によって様々な景色を楽しめる。また、地元の食材を使った郷土料理と、自然を感じる露天風呂で都会の喧騒を忘れさせる癒しの時間を提供している。 「じゃらんアワード2014」について 2014年度1年間で素晴らしい実績を収められ、また取り組みをされた宿泊施設に贈られる『じゃらん』認定の表彰です。顕著な実績を称える「じゃらん OF THE YEAR」では、「泊まってよかった宿大賞」「売れた宿大賞」「プロフェッショナル大賞」「ベストコミュニケーション大賞」を宿泊施設に贈ります。また今年「ポンパレ編集長が選ぶポンパレグッドディール大賞」などを新設し、全国のブロック(北海道、東北、関東・甲信越、東海、近畿・北陸、中国・四国、九州、沖縄)ごとに表彰致します。