株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が企画編集をするスクール情報誌『ケイコとマナブ』と資料請求&レッスン予約サイト『ケイコとマナブ.net』は、学び事・習い事(※)事情を把握するため、全国の20〜34歳の働く男女を対象に「人気おケイコランキング」調査を毎年実施しています。 このたび、2014年12月に実施したアンケート結果をご報告いたします。※定期的に行う習い事や学習、1回完結レッスン、短期集中講座、通信教育を含む●「英語」は11年連続不動の1位。学ぶ目的はこの10年で変化。「就職・転職」「資格試験」よりも、「海外旅行」「仕事のため」に。●「医療」「宅建」などが順位アップ。キャリアチェンジや自己投資を目的とした習い事が復調の兆し。●「自由に使えるお金が減った」と感じる層ほど、仕事・資格取得目的の習い事の予算は高め。2014年度 人気おケイコランキング〜この1年間にやった学び事・習い事〜(女性)「英語」は11年連続不動の1位「医療」「宅建」「幼児教育」などキャリアチェンジ・自己投資を目的とした習い事の順位が上昇 医療事務や看護師など幅広くキャリアチェンジに対応できる「医療」が9位から5位にジャンプアップ。他、「ペン字」「アロマテラピー」「宅建」「幼児教育」といった習い事の順位が上昇。 【学ぶ目的】  上昇傾向にあった「プライベートの充実」志向は一段落。一方、前回調査で比率を落としていた「仕事のため」「就職・転職のため」「独立・起業のため」といった自己投資目的が復調の兆し。 「英語」を学ぶ目的の変化(女性) 10年間(2004年〜2014年)で、「就職・転職」「資格試験」が減少、一方「海外旅行」「仕事のため」が増加 当社が2004年に実施したアンケート結果と比較したところ、「英語」を学ぶ目的は大きく変化。「海外旅行のため」「仕事のため」といった、活用するシーンが具体的な目的はポイント上昇。一方「就職・転職」「英語の資格試験」といった目的はポイントが低下した。 学ぶ予算(女性) 「自由に使えるお金が減った」と感じる人ほど、仕事・資格取得の目的に割く予算は高くなる傾向 仕事・資格取得を目的として学ぶ場合、この1年で1カ月あたりに「自由に使えるお金が増えた」と感じる人よりも「減った」と感じる人のほうが、割く予算が高くなる傾向にある。 男性の2014年度 人気おケイコランキング、 2015年 人気おケイコ予測(男性) 1位は「英語」で人気が集中。一方、法律・会計系は順位・実施率を下げた資格が多く見られた。「今後やってみたい学び事・習い事」も約半数が英語を挙げた他、「ビジネススクール・MBA」を希望する人が増加。