株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が運営する国内最大級のヘアサロン&ビューティーサロン検索予約サイト『ホットペッパービューティー』は、「ホットペッパービューティー 白髪に関する意識アンケート」を以下の通り発表いたします。アンケート概要■調査方法:インターネット調査■調査時期:2014年8月5日〜8月11日■調査対象:20〜69歳男女20,000人「白髪に関する意識アンケート」結果サマリ 白髪の人のボリュームと白髪染めをしている人の割合 男性72.9%、女性72.3%と、男女とも7割強が認識をしているという結果に。しかし、女性は白髪がある人のうち、3人に2人が「白髪染め」をしているのに比べ、男性は5人に1人しかケアをしていないと回答。 <Q. あなたは現在どのくらい白髪がありますか。最も近いと思うものをお答えください(SA)> 20〜69歳男女2万人にアンケートをとったところ、「白髪」がある人は男女合わせて全体の72.6%。白髪があると認識している人のうち「白髪染め」をする、しないの比率は、男性は1:4、女性は2:1。「白髪染め実施者」は男性よりも女性の方が圧倒的に割合が高く、男性の3.3倍という結果になった。 白髪があっても白髪染めをしない理由 「白髪はあるが、白髪染めはしていない」人のうち、男性は「自然体でいたい」「白髪を気にしない」など、ポジティブな理由で「白髪染め」をやらないのに対し、女性は「面倒だから」「頭皮や髪に悪そうだから」が上位にあがる。 <Q. あなたはなぜ、白髪があるのに白髪染めをしていないのですか。あてはまる理由全てをお答えください(MA)> 白髪が気になりだした年齢と白髪染めを始めた年齢 白髪が気になり始める年齢は男女共に30代後半。男性の方がやや早いが、ケアを始める年齢になると男女の年齢差はほぼ無くなる。白髪染めを続けたい年齢は、男性よりも女性の方が継続意向は高く、「年齢にかかわらずずっと染めたい」という人が3割以上と多い。 <Q あなたご自身が、白髪が気になりだした年齢と白髪染めを始めた年齢をお答えください(SA)> 白髪染めの頻度と時間、コスト 「かけてもよい金額」は、実際のコストより男女ともに、1,500円前後実際の金額よりマイナス。「かけてもよい時間」は、実際の時間より男女とも12分ほど短い。 <Q. 「白髪染め」の実施頻度、平均時間、平均金額と実施してもよい頻度、時間、金額を教えてください> 年間の白髪染めの頻度は、男性の方が多くヘアサロンが10回、自宅が18回。男女共にこまめに実施をしているが、実施しても良いと思う頻度は、女性のヘアサロン通いのみ、回数は変わらず。必要ケアとして日常に入り込んでいるようだ。かけている時間は、髪の長さもあり女性の方が男性より多く、ヘアサロンで86分、自宅で52分かけている。男女共にヘアサロンでは実際の時間より短時間での施術が望まれる。金額は、頻度が多い分男性の方が安く、さらに男女ともヘアサロンでは、実際の金額より1,500円ほど低価格が望まれる。 白髪がステキだと思う芸能人 女性が挙げた1位は、白髪女性に対するネガティブイメージがあるのか、男性有名人という結果に。 <Q. あなたが、「白髪が素敵だと思う有名人」を、男性・女性問わず思いつく順に3人までお知らせ下さい(FA)>