株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)に設置された美容に関する調査・研究・情報提供機関「ビューティ総研」(センター長:野嶋 朗)では、このたび「ASEAN6カ国の美容意識調査」を実施しましたので、ご報告いたします。結果サマリー■調査時期:2013年7月18日〜7月25日 ■調査方法:インターネットによる調査■調査対象&回答数:ASEAN6カ国の主要都市に住む20〜49歳の女性 (タイ505人・インドネシア543人・マレーシア519人・フィリピン591人・シンガポール486人・ ベトナム530人)ASEAN6カ国、これまでネイルサロンを経験したことがある人 【ポイント】ASEAN6カ国の中で、経験率が最も高かったのはフィリピンの63%。続いてシンガポール57%、ベトナム55%と上位3カ国は「2人に1人以上」がネイルサロンを経験しており、ネイルサロン通いが日常化している。一方、日本の20〜49歳までの女性のネイルサロン経験率は19.9%〔出典:ビューティ総研「美容センサス 2014上期調査」より〕と、ASEAN各国に比べると低い割合。ただし、日本のネイルサロンで行うメニューというと「ジェルネイル」が主流だが、ASEAN各国では「ネイルケア」「ポリッシュカラー」での利用が多くを占める。 ネイルサロンで重視すること (複数回答) 6カ国すべて技術の高さが最も重要。さらに、傷まないこと・トラブルがないこと・清潔感も重要視  ◆フィリピン1位:スタッフの施術が上手(75%)2位:爪が傷まない(73%)3位:ケガや肌トラブルが起きない(70%)◆シンガポール 1位:スタッフの施術が上手(44%)2位:爪が傷まない(43%)3位:ケガや肌トラブルが起きない(42%)◆ベトナム1位:スタッフの施術が上手(79%)2位:自分でイメージした通りの仕上がりになる(69%)3位:効果が持続する(68%)◆タイ 1位:スタッフの施術が上手(65%)2位:爪が傷まない(64%)3位:お店が清潔で衛生的(61%)◆インドネシア1位:スタッフの施術が上手(61%)2位:(同率3つ)ケガや肌トラブルが起きない・お店が清潔で衛生的・爪が傷まない(各56%)◆マレーシア1位:スタッフの施術が上手(47%)2位:お店が清潔で衛生的(45%)3位:爪が傷まない(44%) 【ポイント】重視すること1位は、いずれの国も「スタッフの施術が上手」であること。その他、上位にあがった項目では「爪が傷まない」「ケガや肌トラブルが起きない」「お店が清潔で衛生的」など。日本では、国民性からくる衛生面のレベルの高さと、検定の普及などからくる技術の平準化によって、こういった安全・衛生面の項目が上位にあがることは少ない。ASEAN女性は日本の美容に関心を持つ人が多く、来るべき2020年の東京オリンピックに向けて、ASEAN各国からたくさんの観光客がサロンを訪れる可能性もある。その時、日本のネイルサロンは海外から見ても、魅力的なサービスとして受け入れられるのではないだろうか。