株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)が運営をする宿泊予約サイト『じゃらんnet』、旬のおでかけ得するマガジン『じゃらん』、観光に関する調査研究機関「じゃらんリサーチセンター」は、7月4日にグランドプリンスホテル新高輪にて開催いたしました「じゃらんフォーラム2014」にて、 2013年度の1年間に顕著な実績を収められた関東・甲信越ブロックの宿泊施設を表彰する「じゃらんアワード2013」(関東・甲信越ブロック)を発表いたしましたので、ご報告いたします。   【施設紹介】都心から車で約100分。南房総海岸沿いに建つ温泉宿。水平線から昇る朝日は絶景です。ゲストの笑顔が見たい、ただそれだけにこだわったおもてなしが好評です。 夕食のクチコミも高評価。地元の魚介はもちろん、米、肉、野菜まで社長自ら生産地に足を運び、品質を確認します。納得のいったものだけをお客さまに提供しています。 眺望自慢の展望露天風呂からは、雄大な太平洋の水平線に昇る朝日を眺められます。 【施設紹介】眼下に広がる日本百景「阿賀野川」、雄大な「景色」「川の音」で心安らぐ水鳥の宿さきはな。全15室の客室の川側からは「阿賀野川」を、山側からは「SLばんえつ物語号」の走りを眺めることができます。食事は、新潟港で水揚げされた旬の魚介と地場産野菜の地産食材をふんだんに使った和食会席をお部屋でお楽しみいただけます。自慢の2種類の露天風呂は、花、鳥、風、月、を肌で感じながら癒しのひと時を堪能できます。予約からお帰りまで、一人一人に寄り添った優しさあふれるおもてなしが自慢です。       【地域紹介】1400年の歴史を持つ信州最古の温泉地、信州の鎌倉と呼ばれる別所温泉。泉質が良く、国宝や重要文化財が数多く点在しています。関東や北陸を中心に、県外から観光客が多数訪れています。 歴史や文化財だけでなく、それらの観光資源を活用した魅力ある滞在コンテンツを創ること、若年層の取り込みを強化することを目的に、旅館だけでなく地域と連携をはかりながら、青年部のメンバーが中心となって地域との取り組みを実施しました。 取り組みとして、地元の人がお薦めする情報をまとめたオリジナルガイドブックの発行や、別所温泉の公式キャラ村長さんの誕生。また、インターンシップ生との協働で滞在コンテンツを開発しました。県外での広宣活動にも力を入れ、「じゃらんリサーチセンター」によるセミナーや、エリアの魅力再発見のためのワークショップを実施しました。 さらに、『じゃらんnet』で特別プランの販売や、35%の宿泊施設が『じゃらん』本誌に掲載するなど、さまざまな取り組みを積極的に展開しています。今後も若いメンバーが中心となり、地域との連携、エリアの認知度アップを目指します。 【地域紹介】 房総半島の港町に佇む、新鮮でおいしい魚料理を楽しめる温泉旅館。 海際という恵まれた立地を生かし、お部屋や貸切露天風呂など、館内の至る所から海を眺めることができます。温泉は、小湊温泉の湯をたっぷりとたたえた、畳敷の檜風呂、大理石風呂、海一望の貸切露天風呂を用意しています。 漁師料理がおいしいと好評の夕食は、目の前の漁港に揚がる地魚や伊勢海老、鮑等を使い、ボリュームたっぷりです。全宿泊プランに、大漁舟盛と郷土料理のなめろう、金目鯛の姿煮、地魚のカブトまたはカマ焼が付き、大変好評です。「一度食べたら忘れられない美味しさの魚料理に惹かれて。」「美味しさに心打たれました!」「ここの料理が食べたくて。」とリピーターのお客さまも多い温泉旅館です。   「じゃらんアワード2013」について  2013年度1年間で素晴らしい実績を収められ、また取り組みをされた宿泊施設に贈られる『じゃらん』認定の表彰です。顕著な実績を収められた「じゃらん OF THE YEAR 売れた宿部門」や口コミ評点が高い「じゃらん OF THE YEAR 泊まって良かった総合部門」、また今年新たに設けた「じゃらん OF THE YEAR 敢闘賞」「じゃらん OF THE YEAR ベストコミュニケーション」などを、全国のブロック(北海道、東北、関東・甲信越、東海、近畿・北陸、中国・四国、九州、沖縄)ごとに表彰させて頂きます。