株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 北村吉弘、以下リクルートライフスタイル)は、印税の全額を東北の被災孤児の支援口座に寄付をする、赤すぐセレクション「20年後のわが子へ贈るメッセージBOOK」〜タイムカプセル for Baby〜を、 株式会社KADOKAWAより10月15日より発売します。こちらは、リクルートライフスタイルが推進する「復興支援」の一環となります。概要リクルートライフスタイルECビジネス推進室は、2012年より東北支援プロジェクトを立ち上げました。東北の被災地に継続的な支援をしていくための活動としてこれまでに「赤すぐmeets東北プロジェクト」と称し高い技術を持つ東北の縫製工場と通販誌“赤すぐ”とのコラボでベビー用ヘアアクセサリーとマタニティ下着を製作、販売し多くのママから好評を得ました。新たな支援として、この度メッセージフォトメッセージブックを出版いたします。20年後の成長したわが子に読んでもらうための、愛や希望、願いを込めた手紙と一緒に母子手帳、初めて抜けた歯、へその緒などを収納できる赤すぐ初のタイムカプセルです。 赤すぐの事業を通して、長年ママとこども達に向き合って来た事から、今、被災地ひいては日本全体に必要なのは、「未来への希望」であると考え、その象徴であるこども達の未来のために、何かを残したいと願いこの出版にあたりました。 今、目の前にいる赤ちゃんに、それぞれの親が惜しみなく愛情を伝えていくことが思いやりを持った人間を育てる。そのことが豊かな未来を築く一歩だと信じています。代金の印税の全額は下記の支援口座に寄付されます。(東日本大震災みやぎこども育英基金・ふくしまこども寄付金・いわての学び希望基金)<セット内容>1)メッセージBOOK 2)メッセージカード 3)タイムカプセル1)メッセージBOOKは応募総数382通の中から選ばれた『赤すぐ』読者のママ・パパからの「20年後のあなた」に向けた38の感動の手紙集となっています。 <一例>2011年3月14日。東日本大震災の発生から3日後のことです。福島・会津の病院で働いていたママは、福島第一原発の事故後、浜通りの病院から患者さんたちを受け入れる準備中でした。ふと思い立って検査をしたらあなたがおなかに宿っていました。 私はどのくらい被曝しているのだろう、おなかのあなたは大丈夫か‥ママは不安でいっぱいになりました。 でも、あの惨状を見たら、自分のことを優先するわけにはいかなかった。おなかのあなたとともに避難所をまわり被災された方のケアをしました。あなたに無理をさせているかなあと、心のどこかで思いながらも、ママだけ引き下がるわけにはいかなかった。 そんな非日常の中であなたは順調に育ち、無事に生まれてきてくれた。あの大震災時にうまれたのだから、とあなたに言うつもりはないです。ただ、自分の命を大切にし、自分の人生には手を抜かないでほしいあなたと一緒に過ごした最初の10カ月、ママとあなたの周りには、少しでも明日がよくなるようにと懸命に生きていた人がたくさんいたのだから。サイ子さん(32才医師) [誌名] 20年後のわが子へ贈るメッセージBOOK 〜タイムカプセルfor Baby〜[定価] 1800円(税別)[発売日] 2013年10月15日発売[販売地域] 全国の書店及び赤すぐnetにて販売