株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 柏村 美生)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、中古車の購入実態について詳細に把握するため、「カーセンサー中古車購入実態調査2018」を全国(沖縄県を除く)で実施しました。このたび調査結果がまとまりましたのでご報告します。結果の概要●中古車の購入にかけられた費用は3兆4,396億円で前年から約4,000億円増加。○中古車購入にかけられた費用は3兆4,396億円、購入台数は261.9万台と推計。○中古車購入単価の平均は131.3万円で前年から10.4万円が増加した。○購入単価の増加は200~400万円の価格帯での購入者が増えたことによる。●中古車の購入検討経験では「経験したことがある(「1年以内に経験」と「1年より前に経験」の合計)」が年々上昇。○「1年以内に中古車購入検討をした(2016年5.4% → 2018年5.8%)」、「1年より前に中古車購入検討をした(2016年37.9% → 2018年39.8%)」がそれぞれ上昇した結果、中古車購入検討経験者(「1年以内に経験」と「1年より前に経験」の合計)」が年々増加(2016年43.3% → 2018年45.6%)している。 ●新車の購入を検討したのに購入しなかった最も大きな理由のうち、「予算が足りない」が最も上昇。○「最終的な総支払額に予算が足りない・なかったから(2016年19.0% → 2018年19.8%)」がこの質問を追加した2016年調査から最も上昇。次いで「中古車を購入した・したくなったから(2016年4.5% → 2018年5.2%) 」が上昇している。 ●中古車市場規模(推計)増加の要因は予算200~400万円で新車購入を検討していた層が中古車を購入し、中古車購入単価の平均を高めたと推察。○中古車検討への心理的ハードルが年々低下する中、新車価格は上昇傾向。○当初新車購入を検討していた層が「予算が足りない」、「クルマの選択肢を増やしたい」といった理由で最終的に中古車を購入しているケースが増えている。 調査概要 調査対象者:全国18歳~69歳の男女 ※沖縄県を除く (株式会社マクロミルのモニター)調査方法: インターネットアンケート調査調査期間: 2018年8月21日(火)~2018年9月10日(月)回収数:190,850件(一次調査)、4,232件(二次調査) 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/