株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する中古車情報メディア『カーセンサー』は、この1年で掲載された約7,500モデルの車の中から、ユーザーの購入意欲の高さに着目し、ランキングを実施しました。その結果、ユーザーの関心を最も集めたのは2年連続で「マツダ RX-8」となりましたので、分析や年代別・全国地域別ランキングとともに報告します。カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2018は「マツダ RX-8」カーセンサーが保有する膨大なデータをもとに、中古車市場でユーザーの購入意欲が最も高かった車種が何かを探る「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー」。第5回目となる今回、イヤーカーの栄誉に輝いたのは「マツダ RX-8」でした。同車は過去のランキングで常に上位にランクインしており(2014年2位、2015年1位、2016年2位、2017年1位)、2年連続でのトップとなりました。マツダが独自に開発したロータリーエンジンを搭載した4人乗りのスポーティなクーペで、後席の乗降性にも優れる観音開きの4ドアが特徴的なモデルです。カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2018 TOP10 ボディタイプ別に見ると、昨年はTOP10にクロカン/SUVが4種、軽自動車0種だったのに対し、今年はクロカン/SUVが1種に減って軽自動車が3種ランクインしているのが特徴です。また、個別のモデルでは、2位「マツダ CX-5」や5位「スズキ ジムニー」などが、昨年から大きく順位を伸ばして上位にランクインしました。 (参考)カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2017 TOP10 カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー特設サイト https://www.carsensor.net/pro/cs_coty/ ※選考方法:2017年11月1日~2018年10月31日の1年間においてカーセンサーnetに掲載されたすべてのモデルのうち①上記の期間中でカーセンサーnetに掲載された総台数 ②ユーザーから寄せられた問い合わせの総件数③掲載された1台当たりの問い合わせ集中率以上の要素を独自のルールでポイント化し、ポイント数が最も高かったモデルをその年のイヤーカーとする 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/