株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する、リクルート進学総研(所長:小林 浩)は、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、2008年より進学ブランド力調査を実施しております。このたび2018年の調査結果がまとまりましたので、一部をご報告いたします。関東・東海・関西エリアの『志願したい大学』ランキング・関東エリアでは「早稲田大学」が2年連続で1位となり、「明治大学」が2位となった。・東海エリアでは「名城大学」が2年連続で1位となり、「名古屋大学」が2位となった。・関西エリアでは「関西大学」が11年連続で1位となり、「近畿大学」が2位となった。【男女・文理別】 ・関東エリアでは文系で「青山学院大学」が、理系で「日本大学」がそれぞれ1位となった。 ・東海エリアでは男子・理系で「名城大学」、女子・文系で「南山大学」がそれぞれ1位となった。 ・関西エリアでは男子で「近畿大学」、女子・文系で「関西大学」がそれぞれ1位となった。  関東・東海・関西エリアの『知っている大学』ランキング 関東・東海・関西エリアの『大学のイメージ』ランキング 【調査概要】 ■調査目的  2019年3月卒業予定の高校3年生の大学に対する志願度、知名度、イメージを把握し、関係各位の参考にする。 ■調査対象  関東エリア、東海エリア、関西エリアの高校に通っている2019年3月卒業予定者(調査時高校3年生)計94,000名。             ※平成29年度学校基本調査の「全日制・本科2年生生徒数(県別)」、「中等教育学校・後期課程2年生」を基に、リクルートマーケティングパートナーズが保有するリスト(注)より調査対象とする数を抽出        (注)リクルートが発行する進学情報誌「スタディサプリ進路ブック」および、配信する進学情報WEBサービス「スタディサプリ進路」(http://shingakunet.com)会員リスト【エリア区分】 関東エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県の1都6県) 東海エリア(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県の4県) 関西エリア(大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、兵庫県、滋賀県の2府4県)        ■有効回答数  8,439名 回収率 9.0%     ■集計対象数  7,488名 関東エリア、東海エリア、関西エリアそれぞれにおいて平成29年度「学校基本調査」(文部科学省)の2年生(本調査の母集団;2019年3月卒業予定の高校3年生)から男女構成比を算出し、エリア毎の男女構成比を補正している。分析対象は大学進学希望者のみを抽出している。 ■調査期間   2018年4月6日(金)~5月10日(木)■調査方法   対象者に調査票を郵送し、記入後郵送で回収。 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/