株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が企画制作する結婚情報サービス『ゼクシィ』は創刊25周年を記念し、Superflyさんの楽曲「Bloom」を25周年のテーマソングとして起用することが決定しましたので、概要についてお知らせします。Superflyさんデビュー10周年記念の新曲「Bloom」が『ゼクシィ』25周年のテーマソングに!「プロポーズされたら、ゼクシィ」のフレーズで親しまれ、創刊1993年以来、多くの新郎新婦に寄り添い続けてきた『ゼクシィ』。このたび25周年を記念して「ゼクシィ25周年 "愛を、祝おう。"」プロジェクトを立ち上げ、メモリアルイヤーに華を添えるべく、Superflyさんの「Bloom(2018年6月6日発売)」をテーマソングとして起用することが決定しました。この楽曲はSuperflyさんのデビュー10周年を記念して制作された、代表曲「愛をこめて花束を」のアンサーソング。昨年一夜限りのライブ「Superfly 10th Anniversary Premium LIVE "Bloom"」で初披露されて以来、ファンの間ではリリースを待ち望まれていた楽曲です。また、「ゼクシィ25周年 "愛を、祝おう。"」プロジェクトとしてアニバーサリー企画を順次、実施予定。今後、25周年特設サイトなどで発表をしてまいりますので、ぜひチェックしてみてください。(公式サイトURL:https://zexy.net/mar/news/25th/)※4月23日(月)9:00公開予定Superflyさんからのコメント 『ゼクシィ』25周年、おめでとうございます!今回、『ゼクシィ』の25周年という記念すべき年に、この「Bloom」という楽曲をテーマソングとして起用していただき、大変嬉しく思います。「愛を、祝おう。」という25周年のテーマは、「Bloom」の歌詞に通じ合う、素敵な重なりを感じています。 この楽曲はSuperflyの中でも、数少ないラブソングです。一輪の花が、花開くように愛が生まれていく、そんなイメージを込めて歌いました。あたたかく幸せな空間に、この「Bloom」を贈ります。皆さんに幸あれ! Superfly 編集長 平山彩子よりコメント「ゼクシィ25周年 "愛を、祝おう。"」にかける想い 『ゼクシィ』が創刊して25年。「やっぱり、結婚式っていい!」そう確信できる理由について、今、改めて想い巡らせてみると、結婚式はたった一日のできごとではあるけれど、一日では決して為しえないふたりの間はもちろん、ふたりとゲストの間に生まれた、たくさんのたくさんの愛が集結している、奇跡みたいな一日なのだということに行き着きました。例えば、結婚するふたりが高砂から見る景色は、これまでに出会った大好きで大切な人に埋め尽くされていて。例えば、一緒に生きていくことを決めたふたりを見守るゲストたちはそれぞれと積み重ねてきた記憶をたどりながら「本当によかったね」という思いを持ち寄っていて。これまで積み重なってきたもの、今、この瞬間生まれるもの、そして、これからもつながっていくであろうものをみんなで共有できる場こそが結婚式なのだという想いを込めて「愛を、祝おう。」というコンセプトを25周年のメッセージとしてお届けしたいと考えました。 アーティスト・タイアップ楽曲情報 Superfly プロフィール2007 年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。デビュー当初からライブパフォーマンスへの評価も高く、2009 年にはニューヨーク郊外で行われたウッドストック40 周年ライブに日本人として唯一出演し、ジャニス・ジョップリンがかつて在籍したBig Brother & The Holding Company と共演するなど国内外で幅広く活動。 デビュー10 周年を迎えた 2017 年 4月4日、ファン投票によるベストアルバム「Superfly 10th Anniversary Greatest Hits "LOVE, PEACE & FIRE"」をリリース。今年、6月には23枚目となるシングル「Bloom」のリリースが決定。J-POP シーンに独自のバンドサウンドで挑戦し続ける Superfly。志帆の圧倒的なボーカル、ライブパフォーマンス、そしてオリジナリティ溢れる音楽性が大きな注目を集めているアーティストである。オフィシャルサイト:https://www.superfly-web.com/ 楽曲情報NEWシングル『Bloom」6月6日(水)発売通常盤 ¥2,700+税/初回盤DVD ¥4,000+税/初回盤BD ¥5,000+税 歌詞情報 「Bloom」 作詞:いしわたり淳治 作曲:蔦谷好位置 編曲:蔦谷好位置胸の奥で そっと 育ててきた 愛の種はいびつな硬い殻に 包まれてた やっと芽を出して幾千の涙の雨も長い冬も乗り越えて咲いた 小さな愛の花がこんな色をしてたんだねいまは一輪だけど いつかこころに無限の花を咲かせるでしょう温もりと光をたっぷり与えてないと二つの太陽で照らしてあげないと枯れてしまうのよ 二人の笑顔で誰も気づかないかもしれないこんなささやかな花にはいまは頼りないけど いつか 綺麗な永遠の花を咲かせられるわあなたとならば光に包まれてあなたと手を取って眩しい未来へとあなたと歩いてゆく 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/