株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口 文洋)が企画・運営する講座・レッスンの資料請求・予約サイト 『ケイコとマナブ.net 』は、学び事・習い事事情を把握するため、全国の働く男女を対象に「人気おケイコランキング」調査を実施しています。 今回はそのうち、ミドル層(35~49歳)、シニア層(50~69歳)について調査結果がまとまりましたので、その結果をご報告いたします。 なお、アンケートの結果は『ケイコとマナブ.net』ニュースページでも紹介しています。 『ケイコとマナブ.net』のニュースページはこちら: http://www.keikotomanabu.net/news/結果の要約【女性】 人気おケイコランキング●ミドル・シニアともに「英語」が「ヨガ・ピラティス」を抑え1位に。 ●学ぶ目的は「ストレス発散・気分転換のため」「プライベートを充実させるため」など趣味系の習い事につながりやすい目的がミドル・シニアともに上位を占めた。ミドル・シニアともに「英語」が1位に。ミドル層では回答率を大きく上昇させた。 学ぶ手段を見ると、ミドル層では動画・オンライン教授・アプリなどのスマホ・PC利用、 シニア層ではカルチャーセンターや公民館、講習会などの地域密着型の学びが特徴的。 またミドル・シニアとも仕事関連の学び事よりも趣味系のジャンルに関心が集まった。 その中で、シニア女性では14位に「ワード・エクセル」が大きく順位を上げてランクイン。 好調な求人環境のなか新たに就業をめざして学ぶ層に選ばれていると思われる。【男性】 人気おケイコランキング ●ミドル・シニアともに「英語」が圧倒的人気。 ●ミドルでは仕事・キャリア関連の目的が実施目的の上位となり、「ビジネススクール・MBA」が初めてランクイン。やってみたい習い事でも専門職系の資格講座が並んだ。 ●シニアでは女性同様、趣味系のジャンルの人気が根強い。男性ミドル層ではこれまで費用の高額さからベスト20に入ることのなかった「ビジネススクール・MBA」が初めてランクイン。 「専門実践教育訓練給付金制度」による費用負担の減少が要因となっていると考えられる。 また、ミドル層の「やってみたい習い事」では上位に専門職養成講座が数多く挙がった。 人生100年時代に備え、長く活躍していくための準備に関心が高まったとみられる。 調査概要と回答者プロフィール 【2017年人気おケイコランキング ミドル・シニア編 調査概要】調査目的:35~49歳(ミドル)、50~69歳(シニア)の学び事・習い事の実態を把握するとともに、今後の意向を確認する 調査対象者:全国35~69歳の働く男女 (株式会社マクロミルのモニターにスクリーニングを行い、学び事・習い事を「1年以内にしたことがある」と回答した者に対して実施) 調査方法:インターネットアンケート調査 調査期間:2017年12月25日(月)~2017年12月27日(水) 回収数:     あらかじめ設定した下記の6ブロックの地域から、平成22年国勢調査の人口比率で男女/年齢帯別に回収 ・北海道・東北地方(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県) ・関東地方    (東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県) ・中部地方    (愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県) ・関西地方    (大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県、和歌山県) ・中国・四国地方 (岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、徳島県) ・九州・沖縄地方 (福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県) 【回答者プロフィール】◆ 居住地 ◆ 雇用形態 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/