株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山口 文洋)が運営する、ゼクシィから生まれた恋活サービス『ゼクシィ恋結び』は、マッチング※1をした登録ユーザーの趣味の項目を抽出※2し、調査・分析(n=293,795、2017年7月25日時点)を行いましたので、概要についてお知らせします。(※1)マッチング:異性の登録情報を見て、お互いに「いいね!」を送りあった状態のこと(『ゼクシィ恋結び』サイト内に限る) (※2)個人を特定できない形で抽出結婚の一歩手前である出会いのきっかけ作りを応援するFacebookを利用した恋活アプリ『ゼクシィ恋結び』は、居住する都道府県や年齢のほか、趣味やパートナーに求めること、自分の性格などを登録し、閲覧した相手と「いいね!」を送りあう「マッチング」を経ると、相手と個別にやりとりができるようになる仕組みになっています。今回『ゼクシィ恋結び』では、登録ユーザー(男性194,619人/女性99,176人)のデータをもとに、男性が登録しているどの趣味(30種類から登録可能)が、より女性の「いいね!」を集めているのか分析。恋活市場で女性の人気を集めている"モテ趣味"が見えてきました。(『ゼクシィ恋結び』サービス概要:http://www.recruit.jp/service/bridal/koimusubi.html)女性からモテモテな趣味1位は『国内旅行』♥『ゼクシィ恋結び』の男性ユーザーで設定されている30種類の趣味ごとに、女性からの「いいね!」数が高かったものを見ると、2位以下に圧倒的な差をつけてトップに輝いたのは『旅行に出かけたい(国内旅行)』。2位と3位は接戦でしたが僅差で『恋愛・デートをしたい』が勝利。3位が『楽しいお酒大好き』という結果になりました。<企画担当 桜井まり恵による解説>女性ユーザーは男性ユーザーに比べて異性のプロフィール画面に長く 滞在する傾向があり、男性のプロフィールや自己紹介文を時間をかけてチェックしていることがうかがえます。趣味についても、自分が持つ趣味と相手の趣味を比較するなどの行動を実施していると想定でき、女性にも共感を得やすい趣味が上位にランクインしたと思います。 略歴:1999年(株)リクルート入社。「ゼクシィ」の運営する婚活総合サービス 「ゼクシィ恋結び」「ゼクシィ縁結び」のサービス企画を担当。恋愛・婚活の悩みに 答える、婚活アドバイザーとして活動中。 ライバルが少ない、"狙い目趣味"はコレ! 一方、男性1人当たりのマッチング率が高い趣味について調べると、1位は『海外旅行好き』という結果になりました。趣味ごとの「いいね!」の総数では16位とあまり振るわなかった『海外旅行好き』ですが、1人あたりのマッチング率ではトップになりました。2位以降も上記ランキングでは下位だったものが続いています。万人受けする趣味ではなくても、その趣味に好意や共感を抱いてくれた女性とならマッチングにつながりやすい傾向となる"穴場なモテ趣味"であることがうかがえました。 <企画担当 桜井まり恵による解説> 今回の調査で、男性1人当たりのマッチング率1位は『海外旅行好き』だということが分かりました。『海外旅行好き』は『ゼクシィ恋結び』の女性ユーザーの中でも選択されている趣味の総数で1位となっていることから、自身の楽しみを共有できることは、マッチングの1つの要因になっていることがうかがえます。趣味だけでなく、異性が共感できるポイントをプロフィール上で記載・選択することが、素敵な出会いを実現する重要なポイントだと思います。 本件に関するお問い合わせ先 https://www.recruit-mp.co.jp/support/press_inquiry/